パウロと女性司祭

パウロは「女性司祭」について賛成ですか、反対ですか?

大変ユニークで興味深いご質問ですが、難問です。パウロの時代の教会に、司祭は存在しませんでした。その意味では、パウロは「女性司祭」について何も言っていません。

教会に司祭が登場し、教会の要として機能するのは、ずっと後代のことです。現在では司祭ぬきの教会は考えられませんし、司祭になるには、一定の基準を満たすことが求められます。男性であることも基準のひとつです。

しかし、パウロの時代の教会の状況は大きく異なります。不明な点も多いのですが、当時の教会の組織も、権威も、役職に就く者の資格も、今とは大いに異なっています。パウロの時代の教会において、権威を持っていたのは使徒だけで、その他の役職はみな「奉仕の職」と考えられていたようです。共同体の祈りや、主の晩餐を運営するのも「奉仕の職」に就く者の務めでした。この職に就く資格は男性にも女性にも与えられていました。男女の別を問わず、適任者が奉仕の職に就いたのです。パウロの仲間のひとりであったフェベは女性でしたが、ケンクレアイ教会の奉仕者でした(ローマ15・1参照)。女性が教会の奉仕職に就くという伝統は、西暦二世紀の前半まで確認されています。

イエス様は、ご自分が司祭であるとはお考えにならなかったでしょうが、パウロの死後、「イエス様こそ、まことの大祭司だ」と主張する者が登場します。『ヘブライ人への手紙』の著者です。さらに時代が下ると、「教会に属する者は、男女を問わず皆司祭だ」と主張する者も登場します。『一ペトロ』や『ヨハネの黙示録』の著者です。

わたしたちを王とし、御自身の父である神に仕える司祭としてくださった方に、栄光と力が世々限りなくありますように、アーメン。(黙1・6)

ユダヤ教では、司祭の家に生まれた者だけが司祭となる資格を有しています。当然イエス様が司祭だと主張することはナンセンスですし、教会に属する者が皆司祭だという黙示録の主張もナンセンスです。このことを考えれば、初代教会における多様な司祭理解が、いかにユダヤ教の司祭理解にとらわれない、新しいものであったかが分かります。この新しさは、パウロの時代に、「教会の奉仕者」を男性にも女性にもに解放し、適任者を就かせたという事実が持つ「新しさ」を継承したものだと言えるでしょう。

ここで再度、ご質問の趣旨に戻りましょう。現在の教会において「女性の司祭」が誕生することに対して、女性だという理由でパウロが反対するとは考えられません。

●回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. シリル・ジョン(インド出身)著 『とりなしの祈りの教本』よりの引用「マリアを通しての…
  2. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
  3. 東日本大震災後77カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 総長ヴァルディール・ホセ・デ・カストロ神父は、2017年1月30日から2月2日、ペルー・ボリヴィア地…
  5. 【訃報】ステファノ百村等神父(聖パウロ修道会司祭)が2017年9月11日午前2時45分に聖母…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »