ベトナム語の授業と試験

昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月になりますが、だんだん難しくなってきました。学校の名前は、(アクセントを入れていませんが)Truong Dai hoc Khoa hoc Xa hoi va Nhan van(人文社会科学大学)です。学校の近くには、シャルトル聖パウロ修道女会の管区本部、サイゴン教区の大神学校があります。一区なので、中心街と言ってよいでしょう。

授業はベトナム語で行われますが、みんなが分からないような顔をすると、英語で説明してくれます。教え方もそこはプロで、決して人を傷つけるようなことは言わないので、私のような者でもちゃんと教えてくれます。レギュラーコースは週五日(月曜日から金曜日)、一日二時間で、八週間。集中コースは一日四時間で、四週間。私はレギュラーコースを選んでいますが、生徒が少ない場合は、集中コースになったりします。クラスもElementaryコース(book1,2)が4レベル、Intermediativeコース(book3,4)が4レベル、Advance(book5)が2レベルあり、それぞれのレベルで試験があります。

さて昨日と今日、Elementaryコースの第四4レベルが終了することもあり、ベトナム語の試験がありました。昨日、コンピュータによる試験が行われる予定でしたが、停電の影響でコンピュータが作動せず、昨日と今日が入れ替えになりました。昨日は会話の試験。テーマに沿って10分ほど準備し、一人5分間、ベトナム語で話す試験です。私の場合は、語彙力がないので、知っている単語を並べる程度でした。今日は筆記試験が最初にあり、それからコンピュータによる試験。まず文法に関する問題が40題あり10分間。四つのうち一つを選ぶので確率は25%。時間がなくなってくると心臓もドキドキ。次に聴解が10分。一つ5分間で、質問は合計10個。これまた四つのうち一つを選ぶので、確率は25%。最後に読解が15分。15行くらいの文章に質問が5つ。これが二つあります。終わった時にはクタクタになりました。成績もパッとしませんでしたが、会話と筆記で先生がゲタをはかせてくれました。そこはありがたいですね。私だけクタクタかなあと思ったら、他の生徒も同様でした。何だかそれで私もほっとしたような…。神経を使った二日間でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 総長ヴァルディール・ホセ・デ・カストロ神父は、2017年1月18日、ポルトガル-アンゴラの地区長とし…
  2. 今回は、9月8日に祝われる聖マリアの誕生の祝日について考えたいと思います。人間の誕生、それは…
  3. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  4. ミサに参加すると、教会によって祭壇上のろうそくの本数が違ったりすることがあります。本数についての決ま…
  5. 聖霊降臨の主日で復活節が終わると、その次の日曜日には三位一体の主日が祝われます。そこで今回は、三位一…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »