一生涯忘れられない〜初誓願を宣立して〜

私は3年ほど前、「私たちは宣教するために来ました」の精神で、日本の聖パウロ修道会にやってきました。
挨拶すらうまくできなかったのに、初誓願を立てることができました。私にとっては夢のようなことです。

ベトナムからの家族の参加はありませんでしたが、ベトナムにいた時の恩人たちが参列されました。もちろん、パウロ家族の方々、日本に住んでいるベトナム人の神学生や、シスターたちの姿もありました。

誓願式が始まり、左手を胸に、右手を聖書に置いた瞬間、ドキドキしていました。これが、神さまとの契約だ、イエス様との婚約ではないかと思うと嬉しく、心が「ウッ!」と叫び、思わず感動しました。パウロ家族の皆と友人たちに見守られ、誓願を宣立ことができました。そして、これからは、キリストのしもべとして、修道服と聖書、修道会の会憲も頂き、初誓願式を終えることができました。その後、若葉修道院の地下ホールで祝賀会がありました。皆さんから花束、カード、そしてプレゼントなど、たくさん頂きました。

初誓願の準備のために、いろいろ力を注いで下さった兄弟たちに感謝します。これからも、日本語を勉強しながら、修道生活を精一杯続けます。

(チャン・ゴ・グエン・ヴー神学生)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017年6月30日、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして終生誓願式が行われます。終生誓願式…
  2. アレキサンドリアの司教聖チリロの記念日は6月27日です。チリロは、エジプトで378年ごろに生まれ、4…
  3. 手紙を出すために、日本だとあちこちで郵便ポストを見かけることができます。ベトナムのサ…
  4. 2017年6月14日~16日、イタリア管区の第19回管区総会が開催されました。この会議では、第二…
  5. ある時、何人かで食事をしていたときでした。ある方が「皆さんにとって、イエス様はどこにおられますか?」…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017/2/28

    四旬節
    四旬節とはどのような期間かと問われれば、まず第一に洗礼志願者の直前の準備期間であるということ、そして…
  2. 1月24日は、聖フランシスコ・サレジオ司教教会博士の記念日です。フランシスコは、1567年8月21日…
  3. 私たちにとって身近な人の死は、とても悲しく辛いものです。しかし、たとえ肉体的には、見ることも、肌に触…
  4. 日本のカトリック教会で全国共通 の祈祷書として、長い間親しまれて、愛唱されてきた『公教会祈祷…
  5. 初誓願の感想について書いてと言われました。パウロ会員になって誰よりも聖パウロのことをよく知ってい…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »