特別な人生に〜初誓願の感想〜

初誓願の感想について書いてと言われました。
パウロ会員になって誰よりも聖パウロのことをよく知っていると言われそうですので、最初はどのように書けばよいか迷いました。

私はパウロの手紙をはじめ、パウロのに関しての本を読み漁っています。また、パウロ年(2008年〜2009年)にあたって教皇ベネディクト16世が講話してくださったものも読んでいます。

ところで、この原稿を書くことになりまして、パウロの宣教旅行を借りて自分の歩んでいくことも書きたいです。ご存じのように、パウロの宣教旅行は主に3回でした。第1回目はバルナバと派遣されて行きました。第2回目はバルナバと別れ、シラスを選び行きました。第3回目はエフェソに行きました。3回目の出発はいつものようにアンティオキアから始まりました。そして、最高の宣教旅行は殉教に行ったことではないでしょうか。いくら辛く、大きな試練があっても、彼は「福音のためなら、私はどんなこともします」(1コリント9・13)と言いました。

私はパウロに比べられるような人間ではありません。ただ、彼の生涯のおかげで。自分なりに何かを身につけることができれば幸いです。パウロの生涯から、私は二つのことに心に刻みました。まず、すべてのことは神からの試練だということです。次に、人生を神に委ねたということです。

この二つのことを自分も心がけることができれば、何か特別な人生になるでしょう。

(バ・ヴァン・タン神学生)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017年6月30日、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして終生誓願式が行われます。終生誓願式…
  2. アレキサンドリアの司教聖チリロの記念日は6月27日です。チリロは、エジプトで378年ごろに生まれ、4…
  3. 手紙を出すために、日本だとあちこちで郵便ポストを見かけることができます。ベトナムのサ…
  4. 2017年6月14日~16日、イタリア管区の第19回管区総会が開催されました。この会議では、第二…
  5. ある時、何人かで食事をしていたときでした。ある方が「皆さんにとって、イエス様はどこにおられますか?」…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 10月19日に任意の記念日として祝われる十字架の聖パウロは、日本でも活躍している御受難修道会の創立者…
  2. 『ロザリオフェア』が本日よりサンパウロ東京店4階でスタートしました!輸入イタリア・スペイン製のロ…
  3. 2017年5月10日~12日、アルゼンチンのブエノスアイレスで、編集と普及部門の会合が行われました。…
  4. ホーチミン市内を歩いてみると、時々落書きを見たりします。ローマ市内ほどひどくはありま…
  5. 「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »