特別な人生に〜初誓願の感想〜

初誓願の感想について書いてと言われました。
パウロ会員になって誰よりも聖パウロのことをよく知っていると言われそうですので、最初はどのように書けばよいか迷いました。

私はパウロの手紙をはじめ、パウロのに関しての本を読み漁っています。また、パウロ年(2008年〜2009年)にあたって教皇ベネディクト16世が講話してくださったものも読んでいます。

ところで、この原稿を書くことになりまして、パウロの宣教旅行を借りて自分の歩んでいくことも書きたいです。ご存じのように、パウロの宣教旅行は主に3回でした。第1回目はバルナバと派遣されて行きました。第2回目はバルナバと別れ、シラスを選び行きました。第3回目はエフェソに行きました。3回目の出発はいつものようにアンティオキアから始まりました。そして、最高の宣教旅行は殉教に行ったことではないでしょうか。いくら辛く、大きな試練があっても、彼は「福音のためなら、私はどんなこともします」(1コリント9・13)と言いました。

私はパウロに比べられるような人間ではありません。ただ、彼の生涯のおかげで。自分なりに何かを身につけることができれば幸いです。パウロの生涯から、私は二つのことに心に刻みました。まず、すべてのことは神からの試練だということです。次に、人生を神に委ねたということです。

この二つのことを自分も心がけることができれば、何か特別な人生になるでしょう。

(バ・ヴァン・タン神学生)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
  3. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
  4. 最近はインターネット、ケータイなど、コミュニケーションの手段がとても発達しました。多数の人とのコミュ…
  5. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについ…
  2. 「歌唱ミサ」「荘厳ミサ」「読唱ミサ」という用語について解説してください。「歌唱ミサ」という語は典…
  3. 聖書、典礼、教会の伝統に根ざした新しい祈り。各自で、家庭で、集会で、教会で使用できる祈り…
  4. 私たちは、聖マリアの神秘の一つ、無原罪のおん宿りの神秘を12月8日に祝います。「無原罪のおん宿り」と…
  5. 今日のみことばで「狭い門から入るように努めなさい」(ルカ13・24)とイエスは語ります。狭い門が救い…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »