特別な人生に〜初誓願の感想〜 バ・ヴァン・タン神学生

初誓願の感想について書いてと言われました。
パウロ会員になって誰よりも聖パウロのことをよく知っていると言われそうですので、最初はどのように書けばよいか迷いました。

私はパウロの手紙をはじめ、パウロのに関しての本を読み漁っています。また、パウロ年(2008年〜2009年)にあたって教皇ベネディクト16世が講話してくださったものも読んでいます。

ところで、この原稿を書くことになりまして、パウロの宣教旅行を借りて自分の歩んでいくことも書きたいです。ご存じのように、パウロの宣教旅行は主に3回でした。第1回目はバルナバと派遣されて行きました。第2回目はバルナバと別れ、シラスを選び行きました。第3回目はエフェソに行きました。3回目の出発はいつものようにアンティオキアから始まりました。そして、最高の宣教旅行は殉教に行ったことではないでしょうか。いくら辛く、大きな試練があっても、彼は「福音のためなら、私はどんなこともします」(1コリント9・13)と言いました。

私はパウロに比べられるような人間ではありません。ただ、彼の生涯のおかげで。自分なりに何かを身につけることができれば幸いです。パウロの生涯から、私は二つのことに心に刻みました。まず、すべてのことは神からの試練だということです。次に、人生を神に委ねたということです。

この二つのことを自分も心がけることができれば、何か特別な人生になるでしょう。

(バ・ヴァン・タン神学生)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年7月10日~28日、メキシコで「福音化のためのコミュニケーション」と題してサマーコースが開…
  2. 教会は、聖バルナバを6月11日に記念します。バルナバは、使徒言行録の前半に登場します。キプロス島生ま…
  3. 2016/10/23

    世界宣教の日
    教会は、典礼暦とは別に、一年の中でいくつかの特別な日を定めています。すでに見た世界病者の日(2月11…
  4. ホーチミン共同体のベランダに小さな池があります。最近、志願者のフイがリニューアルしました。…
  5. 聖パウロはローマで斬首されたと聞いていますが、どこに書かれているのですか? 新約聖書に書かれています…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »