十字架への道 復活第5主日(ヨハネ14・1~12)

イエスは「わたしは道であり、真理であり、命である」と語ります。ひとことで「みち」と言っても未知数です。道、路、途、倫、軌、塗…など、数多く挙げることができます。これらの中でも「道(人間が踏んでいくみち)」「路(足で踏む)」「途(歩行する道)」は一番ポピュラーでしょうか…。人生での深い意味を持つのは何と言っても「道」です。日本では茶道、華道、柔道、剣道というように、精神性を重視した「道」がたいせつなものです。単に強いだけではなく、その道を究めるような姿勢です。人生の歩み、精神的な姿勢を問うものです。

イエスは「わたしは道であり、真理であり、命である」ということばを受難、すなわち十字架につけられる前に遺言のような形で弟子たちに語っていきます。死を覚悟した思いがこの中には含まれているのではないでしょうか。イエスにとって十字架への道は孤独、軽蔑、苦痛が伴うものです。十字架刑は重罪人への処刑、軽蔑の対象でしたが、イエスはあえて担っていきます。パウロの言葉が印象的です。「十字架の言葉は滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です」(一コリ1・18)。「ユダヤ人はしるしを求め、ギリシア人は知恵を探しますが、わたしたちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えています」(一コリ1・28)。

イエスは孤独を体験していきます。事実、多くの弟子たちが怖さのあまり、イエスのもとから離れ、おびえきっていました。孤独との戦いは十字架に見えてくる姿です。そんな十字架にあって、パウロは次のように語ります。「あなたがたを耐えられないような試練にあわせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」(一コリ10・13)。苦しみだけでなく復活への道もイエスは私たちに保証してくれます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
  3. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
  4. 最近はインターネット、ケータイなど、コミュニケーションの手段がとても発達しました。多数の人とのコミュ…
  5. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 教会での葬儀、納骨式、命日祭などで、献花に代えて焼香することが見られます(司祭の献香ではなく)。焼香…
  2. 私たちは、これまでの歩みを振り返る時、自分にいろいろな意味で影響を与えた【恩師】がいるのではないでし…
  3. 典礼暦の中には、通常の期間(年間主日・週日)のほかに、特別な季節が置かれています。年間主日・週日が、…
  4. 今日のみことばで「狭い門から入るように努めなさい」(ルカ13・24)とイエスは語ります。狭い門が救い…
  5. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全6回 午前10:…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »