コロンビアでの助祭叙階式

2017年4月30日、コロンビアに聖パウロ修道会が設立されて70周年記念の機会に、アントニオ・マルチネス神学生(ニカラグア)とエディス・アルフレッド・ガルシア神学生(コロンビア)がコロンビアのボゴダ修道院で助祭に叙階されました。司式はエマウス・アリ司教が行いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後79カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 先日、一人の方に「ベトナムの洗剤や食器を洗うもの」についての問い合わせを受けました。…
  3. 私は、以前しばらくの間修道院を一旦離れて、一般の会社で働いたことがあります。その時に頂いた初めての給…
  4. 初代教会は、聖ペトロと聖パウロのけんかによって発展したということを聞きました。ほんとうのところ、二人…
  5. ※本日予定しておりました、「加藤一二三 九段 トーク&サイン会」は、ご本人の体調不良のため、急き…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. わたしたちは、キリストの教会における最初の殉教者ステファノをクリスマスの翌日、12月26日に祝います…
  2. 聖ラウレンチオは、ローマで活躍した助祭で、258年にローマ皇帝バレリアヌスによる迫害で殉教したと言わ…
  3. キリスト教一致祈祷週間は、すべてのキリスト者、教会の一致を願って定められたもので、多くの国で伝統的に…
  4. 2017年4月7日、師イエズス修道女会の総本部にてパウロ家族による総統治の養成担当者会議(第四回目)…
  5. 毎年8月は、平和について考える時です。戦後71年となり、戦争を体験された方がたや被爆された方がたが亡…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »