コロンビアでの助祭叙階式

2017年4月30日、コロンビアに聖パウロ修道会が設立されて70周年記念の機会に、アントニオ・マルチネス神学生(ニカラグア)とエディス・アルフレッド・ガルシア神学生(コロンビア)がコロンビアのボゴダ修道院で助祭に叙階されました。司式はエマウス・アリ司教が行いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  2. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  3. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
  4. 教皇フランシスコは、原爆投下後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、「…戦争…
  5. マルコによる福音書1章14節~20節ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤに行…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 【懐かし写真館】聖パウロ修道会の懐かしい姿を写真でご紹介しています。今日は、日本に聖パウロ修道会…
  2. 「アルファ」というキリスト教を知るための入門コースがあります。発祥の地はロンドンのホーリー・トゥリニ…
  3. 今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込…
  4. 典礼暦の中には、月日の決まっている祝日と年によって月日の変わる祝日があります。前者はたとえば主の降誕…
  5. 2017年6月30日、東京の若葉修道院(新宿区)で行われた、イグナチオ・デ・ロヨラ石水智道修道士の「…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »