コロンビアでの助祭叙階式

2017年4月30日、コロンビアに聖パウロ修道会が設立されて70周年記念の機会に、アントニオ・マルチネス神学生(ニカラグア)とエディス・アルフレッド・ガルシア神学生(コロンビア)がコロンビアのボゴダ修道院で助祭に叙階されました。司式はエマウス・アリ司教が行いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  2. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
  3. 東日本大震災後81カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. マリア・アンヌンチアータ会は、パウロ家族の中の在俗的奉献生活者の会としては、唯一、日本に存在し、活動…
  5. 「タラント」はギリシアで用いた計算用の単位で、6000ドラクメに相当します。1ドラクメがローマの銀貨…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 毎月、ガスメーターの検針のため、東京ガスの担当者が修道院へやってきます。その方は、設置されているメー…
  2. ベルテロ神父の日本宣教出発前の日々ベルテロ神父は1906年(明治30年)アルバ近くのヴァ…
  3. 日本語で「主の祈り」を唱えると「天におられるわたしたちの父よ」で始まります。最初のことばが、「天にお…
  4. カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについ…
  5. 前置き聖パウロ修道会歴史編纂部が2016年に日本管区に新たに出来て、私がその部署に配属された。管…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »