神さまといつもいっしょに 31の聖書物語とおいのり

こどもたちには、神さまのことを思う時間が必要です。
この本には、その助けとなる聖書の物語、お祈り、イラストがいっぱいです。
そしてまたこの本には、旧約聖書、新約聖書から選ばれた宝石のような物語が収められていますので、読み進めていくうちに聖書を読むこと、祈ることが習慣になると思います。
生き生きとしたイラスト、わかりやすい本文は、子どもたちが聖書を理解するための助けとなってくれることでしょう。

文・いのり:セシリエ・フォダー
イラスト:グスタヴォ・マザリ
ページ数:68ページ
定価:1,300円+税
ISBN:978-4-8056-1527-0
発行:サンパウロ
※2017年5月31日発売予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
  2. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  3. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  4. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  5. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 「ゆるし」と「ゆるしの秘跡」の起源はいつごろでしょうか?聖書をひもとくと、人間が犯す重大な罪は、…
  2. ※本日予定しておりました、「加藤一二三 九段 トーク&サイン会」は、ご本人の体調不良のため、急き…
  3. 今日のみことばで、一人の罪深い女がイエスの足元に近寄り、「涙でイエスの足をぬらし始め、自分の髪の毛で…
  4. サンタクロースが現在のような「赤い服を着てトナカイに乗り、煙突から入って子どもにプレゼントを置いてい…
  5. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »