軽装で足りるという種 年間第14主日 (ルカ10・1〜12、17〜20)

旅行に行くときに、旅なれた人と、そうではない人の荷物の量は、かなり違います。例えその旅行が2、3日の小旅行でも小さなスーツケースかショルダーバックで足りる人と、大きなスーツケースいっぱいの人がいます。往々にして後者の人は、すべてが揃っていないと不安なのか、「もしかしたら使うかもしれない、足らなかったらどうしよう」とか心配する人のようです。

きょうのみことばは、イエス様が72人の弟子たちを宣教に派遣する場面です。みことばの初めには、「主は別に72人を指名し、ご自分が行こうとしておられるすべての町や村に、2人ずつ先にお遣わしになった。」とあります。イエス様は、36の組を作って弟子たちを派遣されたということは、四方八方の町や村に彼らを派遣され、さらに「ご自分が行こうとしておられる」所へ彼らを遣わされます。弟子たちは1人ではありませんし、後からイエス様が来られるという安心感があったのではないでしょうか。これは、私たちが福音宣教を行う中で、とても力強い1節と言ってもいいでしょう。私たちは、任された使徒職や役割、企画などを頑張ってしなければ、成功させなければ、というように気負ってしまう傾向があります。しかし、私たちは1人ではないし、必ず、イエス様が後から来てくださる、もしかしたら、もう側にいてくださっていると思えば、そんなに気負う必要はないのではないでしょうか。

イエス様は、彼らを派遣するにあたって、「……行きなさい。今、わたしがあなた方を遣わすのは、小羊を狼の中に送り込むようなものである。」と言われます。この1節は、マタイ福音書にも出てきますが、マタイ福音書ではこの言葉の後に、弟子たちが宣教の中で迫害があり、「総督や王たちの前に連れ出される」と言うことが書かれてあります。しかし、「……何をどう言おうかと心配してはならない。……語るのはあなた方ではない。あなた方の父の霊が、あなた方を通して語られるのである。」(マタイ10・16〜20)とあります。ルカ福音書では、この部分が省かれていますが、イエス様は、弟子たちが宣教の際に様々な困難があってもおん父の霊、聖霊が助けてくださるということを伝えようとされているのではないでしょうか。私たちは、福音宣教をする中で、【イエス様が後から来てくださる】ということと、たとえ困難なことがあったとしても【聖霊が助けてくださる】という二つの【恵み】を頂いているといってもいいでしょう。

イエス様は、さらに「あなた方は財布も袋、また履き物も携えてはならない。」と言われます。これは、旅に出る必要最小限の荷物と言ってもいいでしょう。この言葉を聞くと、私たちは、福音宣教をする中で、金銭的なもの、物質的な余分なものをもって行ってはならない、というように感じてしまいます。しかし、別の見方をすれば、福音宣教をするためには、「資金がないから、車がないから、場所がないから、資格がないから」というように「ないものを」に目を向けるのではなく、「何もなくても、軽装でもできる」ということも言えるのではないでしょうか。イエス様は、「福音宣教に必要なものは、おん父が準備してくださるものど足りる」ということを私たちに教えてくださっているようです。

イエス様は、「どこかの家に入ったら、まず『この家に平和』と言いなさい。もし、そこに平和の子がいるなら、あなた方のその人の上に留まる。」と言われます。この【平和(シャローム)】は、という一般の挨拶ではなくて、「イエス様の平和」がこの家にありますように、ということではないでしょうか。私たちの福音宣教は、「イエス様の平和」を伝えると言っていいでしょう。そして、行く先々で、「イエス様の平和」を受け入れようとする人がいれば、さらに、たくさんの「イエス様の平和」が豊かになるということではないでしょうか。

イエス様は、「『神の国は、あなた方に近づいた』と言いなさい。」と弟子たちに言われます。この言葉は、イエス様が弟子たちを派遣するなかで、唯一大切なことではないでしょうか。私たちは、この言葉を人々に伝えるために「福音宣教」をしていると言っても過言ではありませんし、「神の国は、近づいた」と【言うこと】が大切なのではないでしょうか。後は私たちの後から来られるイエス様が何とかしてくださいます。イエス様は、中には「平和」を受け入れない人がいるように、「神の国が、近づいた」という言葉を拒む人もいるということも言われます。それでも、「『神の国が近づいたことだけは知っておくが良い』と伝えなさい」と言われます。イエス様は、たとえ、ご自分のことを受け入れない人に対しても、「いつくしみと愛」を示されます。

私たちは、洗礼の恵みを感謝しながら、人々に「イエス様の平和」と「神の国が近づいた」ということを人々に宣べ伝えることができたらいいですね。おんは、その報いとして私たちに必ず天の祝福を与えてくださることでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 【無関心でいられるものはこの世に何一つありません】わたしたちの後に続く人々、また今成長しつつある子…
  2. 8月23日に記念される聖ローザは、1586年4月20日、南アメリカのリマで生まれました。13人兄弟の…
  3. ベトナムはフン・ヴオング王の命日ということもあり、ベトナム語学校は4月6日(木)と7日(金)はお休み…
  4. ある日の、差し迫った用事もなかった午後、小金井市にある病院に一人の司祭を見舞いに行こうと車で出かけま…
  5. 【手作り感あふれる叙情的な修道院のワイン】今日は、修道院製品販売の<サンパオリーノ>から、オースト…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »