開かれた目という種 復活節第3主日(ルカ24・13~35)

ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それまで理解できなかったことが急に理解できる」というような意味です。このような体験と言うのは、意外に後々まで記憶に残ることではないでしょうか。私たちは、イエス様の復活も「目から鱗が落ちる」といといった体験があるのかもしれませんね。

きょうのみことばは、「エマオに向かう弟子たちにイエス様がお会いになる」場面です。この2人の弟子たちは、イエス様が祭司長や議員たちの手によって十字架につけられ死刑にされたことについて語っていました。さらに、不思議なことにイエス様の遺体まで無くなっていたということなどを、論じ合いながら歩いていました。みことばは、「これらすべての出来事について語り合っていた。2人が話し、論じ合っていると」とあります。彼らは、イエス様の復活について理解することができませんでした。この節の中には、【論じ合っていると】という言葉が出てきます。彼らは、イエス様の復活について「頭で考えていた」のではないでしょうか。イエス様の【復活】というのは、知識を使って理解できるものではありません。私たちは、そのことを分かっているはずなのですが、時折、私たちの周りで行われたイエス様の業を、論じ合い、証明しようとすることがあるのではないでしょうか。

イエス様は、彼らの所に近づかれ、一緒に歩き始められます。しかし、彼らの「目は遮られて」いて、イエス様と言うことに気づくことができませんでした。イエス様は、2人に、「歩きながら、語り合っているその話しは何のことですか」と尋ねられ、彼らの答えに対して、「どんなことですか」尋ねられます。イエス様は、私たちにご自分の【復活の恵み】を気づかされるために、ご自身から近づかれ、「問いかけ」をされるのではないでしょうか。この「問いかけ」によって、私たちは、自分自身の心の動きや身体的な動きを振り返ることができます。さらに、私たちは、「振り返り」ることができイエス様の業に気づき、感謝することができると言ってもいいでしょう。

2人の弟子は、このイエス様の質問に、暗い顔をして立ち止まります。彼らは、「エッ、知らないのですか」という気持ではなかったのでしょうか。彼らにとっては、イエス様こそがイスラエルを解放してくださる「預言者」と思っていたのです。その預言者が十字架の上で亡くなり、さらに、遺体まで消えるという事件が起こったのでした。彼らは、「暗い顔」という「失望のどん底」の状態だったのです。イエス様は、失望した状態でエルサレムから出て行く2人を「放っておく」ことができませんでした。イエス様は、私たちに一人ひとりに対しても同じように、「失望」から「希望」へと導かれ、私たちに同伴され、声をかけられるお方なのです。

イエス様は、弟子たちに「受難と復活」について何度も話されたにも関わらず、理解していなかったことに対して「物わかりが悪く、預言者たちが語ったことのすべてを信じるには、心の鈍い者たち、メシアは必ずこのような苦しみを受け、その栄光に入るはずではなかったか」と嘆かれます。私たちは、洗礼のお恵みを頂き、信仰生活を歩んでいます。しかし、困難に出会い、傷つき、失望することもあるかもしれません。そのようなとき、私たちは、「自分は、どうしてこんなに苦しまなければならないのか」と思うことでしょう。イエス様は、私たちのその苦しみをともに味わわれ、歩んでくださいます。イエス様は、私たちが陥っているその苦しみさえ「栄光」に繋がると伝えられているのではないでしょうか。イエス様は、私たちに聖書を使って説明され、「聖書」を通していろいろな「気づき」を与えてくださるお方なのです。

さて、2人の弟子たちは、イエス様と共に宿に入ります。イエス様は、食卓に着かれ、【パンをとり、賛美をささげて、それを裂いて】、2人にお渡しになります。これは、私たちがミサの中で頂いている【聖体拝領】と同じです。彼らは、イエス様がなさった、「多くの人にパンを増やされた奇跡」や「最後の晩餐」のことを思い出したのでしょう。みことばは、「すると2人の目は開かれ、イエスであることに気づいたが、その姿は見えなくなった」とあります。彼らは、イエス様からみ言葉を聞き、パンを裂く姿を体験したとき、ようやく「目が開かれ」たのです。私たちは、「困難」や「失望」という苦しい中にいるとき、「自分の力で何とかしよう」と思ってしまいます。イエス様は、「あなたの苦しみは、どんなことですか」と声をかけられ、さらに、「聖書」と「聖体」の恵みで私たちに「気づき」をくださるのではないでしょうか。私たちは、イエス様の恵みによって、「遮られた目」ではなく「開かれた目」を頂くことができたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 私たちは、日常の生活に於いて「右に行くか、左に行くか」、「楽な方を選ぶのか、苦しい方を選ぶのか」「善…
  2. 絵と本文に写真満載!! 女子観想修道会のシスターたちの生活と祈り。世界的に蔓延する刹那主義や騒音…
  3. 東京の中心に皇居があり、それを囲むように内堀、またそれを囲むように外堀があります。外堀と内堀の間には…
  4. こどもたちには、神さまのことを思う時間が必要です。この本には、その助けとなる聖書の物語、お祈り、…
  5. 「小さな親切、大きなお世話」という言葉があります。「本人は善かれと思って相手したことが、相手にとって…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »