1年ぶりに教皇大使がやってきた!

とまにちわ!

6月30日は「使徒パウロ」の祝日。
パウロ家族固有の祝日です。
今年も、若葉修道院と四谷修道院との合同で、お祝いイベントが開催されました。

そして、祝いの集いには、
バチカン駐日教皇庁大使(駐日ローマ法王庁大使館 特命全権大使)の、
ジョゼフ・ チェノットゥ大司教もいらっしゃいました!
心がおどる夏なんです!!

なんだか「教皇大使」というネームバリューだけでも、
祝い感がドーンとアップしますよね!?(笑)

昨年、初めていらっしゃった時は、
首から下げていた教皇大使の(?)十字架がキラキラして眩しかったんですけど、
今年は、首から下げていた十字架がなく、グレーのローマンカラーシャツ姿!
個人的にはこっちのほうが、近寄りやすい気がします(近づけなかったけど)。

教皇大使からの話は最後に! ということで、
乾杯して、年に一度のごちそうをいただきます。
そんな姿をカメラに収めようと、シャッターをカシャカシャ切っていた私。

写真撮影も一段落して、さあ、お寿司、食べよう!
と、お皿をみたら、もう、お寿司、なーーい!!
あるのは、果物とデザートーー!!!

うちではよくある光景。
もう、驚いたり、叫んだり、地団駄を踏んだりなんか、
しませんとも!
大人は黙って、アイスを頬張るのです!?
そんなことで、なんだかいつもの食事会の様相に・・・。

おかげで食べ物をもっと愛でたい気持ちになれました。

そして食べる物もいよいよなくなってきた頃、
いよいよ教皇大使からのありがたいお言葉を聞ける時が!
と、周りを見たら、人が半分くらいに減ってる!!
みんな、自由だよー!

こんなんで、教皇大使、また来てくれるんでしょうか?
っていうか、ぜんぜん、特別扱いしないところが、逆にいいのかもー。などと、あえてポジティブに考えることにします!

関係ないけど、教皇大使は何をやらせても確実にキメ顔になってるので、すごいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 初めがあれば、終わりがあります。 教会の典礼では、今日から待降節に入り、典礼暦で言えば、まさ…
  2. 教会の典礼ではろうそくが必ず灯されます。その歴史的背景や本数などについて教えてください。一般的に…
  3. イエスが誕生した時、東方の博士たちは「お生まれになったユダヤ人の王は、どこにおられますか」(マタ2・…
  4. 南沙諸島をめぐり、中国、ベトナム、フィリピンが領有権をめぐって争っています。日本のテレビや新聞でも報…
  5. 聖セシリアおとめ殉教者の記念日は、11月22日です。セシリアの生没年は明らかではありませんが、3世紀…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »