ポルトガルでの生涯養成の一週間

2017年4月11日~15日、リスボンにてポルトガル・アンゴラ地区の生涯養成のためのコースが行われ、総顧問のダルレイ・ザノン修道士が指導しました。このコースでは、パウロ的編集の使命やアイデンティティについて考え、この内容は今年の10月にイタリアのアリッチャで開催される国際セミナーに反映されることになっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/6/29

    使徒聖パウロ
    私たち聖パウロ修道会の創立者アルベリオーネ神父は、2003年4月27日に列福されました。このアルベリ…
  2. 2017/6/29

    聖ペトロ
    6月29日は、聖ペトロと聖パウロという教会の礎となった二大聖人を祝う日です。今回は、二人のうち聖ペト…
  3. 今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込…
  4. リヨン(現在のフランス)の司教聖イレネオの記念日は6月28日です。イレネオがいつどこで生まれたかは、…
  5. 2017年6月30日、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして終生誓願式が行われます。終生誓願式…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 【暑い日にぴったり!美味しい赤紫蘇ジュース♪】ジリジリと焼けるような暑い日々…体の中から心地よく冷…
  2. 【日本初!ヴァチカン美術館公認の大型図録集&映像セット】歴史的芸術家たちの作品を、自宅で体験するこ…
  3. 日本、韓国、フィリピン、インド、オーストラリア、米国の6か国の管区長、地区長、使徒職責任者、編集責任…
  4. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全6回 午前10:…
  5. とまにちわ!修道院の聖堂に、菊の花が飾られる季節になりました。今年はどうしたことか、菊が…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »