ポルトガルでの生涯養成の一週間

2017年4月11日~15日、リスボンにてポルトガル・アンゴラ地区の生涯養成のためのコースが行われ、総顧問のダルレイ・ザノン修道士が指導しました。このコースでは、パウロ的編集の使命やアイデンティティについて考え、この内容は今年の10月にイタリアのアリッチャで開催される国際セミナーに反映されることになっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 福者ヤコブ・アルベリーネ司祭の祝日にあたり、聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへの…
  2. 聖パウロは結婚していたのですか。パウロが書いた『第一コリント』には、パウロの結婚に関連する記述が…
  3. 「ある母親の一人息子が死んで運び出されるところであった。その母はやもめ」(ルカ7・12)ということば…
  4. 聖ビンセンチオ・ア・パウロ司祭の記念日は、彼の帰天の日にあたる9月27日です。聖ビンセンチオ…
  5. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへのメッセージをお届けします。ぜひご覧ください。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »