家庭の友 2017年6月号

情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代となり、人との交流の仕方もずいぶん変化してきました。そうした中で、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)も大きな影響を及ぼしています。目まぐるしく変わる時代の中にあって、SNSを福音宣教のためにどのように活用なさっているかなどを、菊地功司教様(新潟教区)、土屋至氏(シグニス・ジャパン会長)、藤山義和氏(カトリック玉里教会信徒)が執筆してくださいました。
発行は5月中旬を予定しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
  3. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
  4. 最近はインターネット、ケータイなど、コミュニケーションの手段がとても発達しました。多数の人とのコミュ…
  5. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年2月14日、インドのムンバイでアジア・オセアニア・英語圏グループの会議が始まり、インド、フ…
  2. 四福音記者のイメージとして、天使(人間)〈マタイ〉、ライオン〈マルコ〉、牛〈ルカ〉、鷲〈ヨハネ〉など…
  3. 昨年の1月下旬から2月の中旬にかけて修道会総会が行われました。午前、午後と会議が続き、心身共にクタク…
  4. 今年の旧正月は1月28日(土)。29日、30日と三が日はほとんどのお店が閉まってしまいます。同時に、…
  5. 少し前に「断捨離」(だんしゃり)という言葉を耳にすることがありました。これは、「断行」(だんぎょう)…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »