神さまからの贈りもの 秘跡による救いのみわざ

わたしたちの信仰生活を支える「秘跡」と「ミサ」について語られている本書は、「秘跡」が単なる儀式や形式、義務やきまりなどではなく、神さまからの愛の贈りものであるということ、また「ミサ」においては、イエスさまは神の真実を照らしてくださる光であり、ミサという祈りのあるゆる部分で、まさに今、その光を輝かせていることを、わたしたちに教えてくれます。
洗礼や堅信のお祝い、信仰の振り返りや分かち合いのテキストとして、また、教会学校のリーダーや、いろいろな機会で宗教を教える方々におすすめしたい本です。

著者:稲川圭三
装丁画・本文イラスト:はせがわかこ
判型:A5判並製
ページ数:140ページ
ISBN:978-4-8056-1528-7
発行:サンパウロ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについ…
  2. いたずらをしたお仕置きとして、父親に車から降ろされて山の中に置き去りにされた北海道の6歳の男の子が、…
  3. 今回は、8月24日に祝われる聖バルトロマイ使徒を取り上げたいと思います。聖バルトロマイは、「十二人」…
  4. 私たちは、朝、目覚めた時に、洗顔やシャワーをして「今日も一日頑張ろう」という気持になるのではないでし…
  5. 今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »