聖霊を受けなさい 復活第2主日(ヨハネ20・19~31)

イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた」と言います。種々の噂が立つ中で、弟子たちもイエスのように捕らえられ、殺されるのではないかとハラハラしていたのではないでしょうか。もし私が同じ状況に立たされるなら、不安のあまり弟子たちと同じように鍵をかけていたことでしょう。不安を感じている彼らにイエスは真ん中に立ち「あなたがたに平和があるように」と語ります。しかも一回だけではなく、合計三回語っていきます。不安を抱えていた彼らにはどんなに慰めとなった言葉でしょう。

「あなたがたに平和があるように」と二回目に語った後、イエスは弟子たちに息を吹きかけて「聖霊を受けなさい」と言います。「霊」のことをギリシア語で「プネウマ」と表現しますが、この言葉には「霊」のほかに「息」「風」「魂」などの意味が含まれています。昔の人たちは「プネウマ」について、「目には見えないが、人間が生きていく上で不可欠なもの」だとして、このように捉えたのでしょう。

「息を吹きかける」ことで思い起こすのは、創世記の記事です。「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった」(創世記2・7)と。「息」は「生きる」と関連するのでしょう。

またイエスの死の場面でも似たような表現が登場します。「フランシスコ会訳」がとても的確なので、そこから引用すると、「イエスは酸っぱいぶどう酒を受けると、『成し遂げられた』と言って、頭を垂れ、霊をお渡しになった」(ヨハ19・30)と。「霊をお渡しになった」を直訳すると、「霊を与えた」ような意味になります。人が息を引き取る時、最後に大きな息を吸って静かに吐いていくように、「霊(息)を与えていく」。

「聖霊を受けなさい」と語りかけるイエスのことばに、人間の生死に関わることや聖霊降臨の恵みを感じます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 一九○八年十月に、アルベリオーネ神父は、母校であるアルバ神学校に呼び戻され、教授、霊的指導者、及び聴…
  2. マタイによる福音書25章31節~46節人の子が栄光に包まれ、すべてのみ使いを従えてくると…
  3. みなさん、こんにちは。聖パウロ修道会の山内神父です。私は去年の7月からベトナムのホーチミン市…
  4. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  5. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 私たちは、医療がどんなに進歩しても、いつかは死を迎えます。それがいつなのか分かりません。ですから、い…
  2. 聖パウロはコリントの教会に宛ててたくさんの手紙を書いたと聞きました。新約聖書にある『コリントの信徒へ…
  3. 2016/7/3

    聖トマ使徒
    7月3日は、12使徒の一人、聖トマの祝日です。聖トマ使徒というと、私には忘れられない思い出があります…
  4. 10月18日に、私たちは聖ルカの祝日を祝います。聖ルカの生涯について、私たちが知っていることはあまり…
  5. 私たちは、人間的に考えて能力的にも体力的にも限界を感じた時に、誰かに「丸投げ」をすることがあります。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »