パウロの女性軽視について

「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)というパウロの言葉が気になります。

コリントの教会の集会において、「ベールをかぶらない女性」が登場しました。これに対して、パウロは「ベールをかぶるように」と、指示を出しますが、その理由として挙げられているのが、右の言葉です。

パウロは「キリストにおいては、男も女も皆等しい」と教えました。その結果、コリントのある女性たちは、ベールをかぶらないで祈りや預言をするようになったと考えられます。

パウロは、公の集会において、女性たちが指導的な役割を果たすことには、何の抵抗もありませんでしたが、「ベールをかぶらないで集会に出席する」ことには反対でした。

その理由として、パウロは「神・キリスト・男・女」という「創造の序列」を持ち出します。「女の頭は男。……」は、この序列を表す言葉です。ここで注意したいことは、パウロの中では、「女はベールをかぶる」という決定が先にあって、その理由付けとして「創造の序列」が持ち出されているということです。

パウロは、序列の論理が説得力に欠けることを承知しています。ですから、彼の論旨は揺れ動いて定まりません。「創造の序列」を説いたすぐ後に、「主においては、男なしに女はなく、女なしに男はない」(一コリント11・11)と、「平等の論理」を展開します。さらに「女が男から出たように、男も女から産まれ、また、全てのものが神から出ている」とも続け、挙句の果てに、「この点について、異論を唱えたい人がいるとしても、そのような習慣は、私たちにも神の教会にもない」と言って、議論を打ち切ってしまいます。

パウロは「ベールをかぶるべき」根拠として「創造の序列」を持ち出してはみたものの、説得力に欠けるので、最終的には、慣習に訴えているのです。

パウロがここで援用した「創造の序列」は、キリストにおける「新しい創造」によって乗り越えられたこと、今や「キリストにおいて、男も女も差別されない」ことを、パウロは確信していました。「大切なのは新しく創造されることです」(ガラテヤ6・15)と言い切ったパウロですから。

にもかかわらず、パウロが古い「序列の論理」を引っ張り出し、また慣習に訴えてまでして、「女はベールをかぶるべきだ」と主張した、真の理由は謎です。

パウロが「序列の論理」を持ち出さなければ、歴史は変わっていたかもしれません。この時、パウロの中の「古い女性観」が働いたのでしょうか。あるいは、何らかの「司牧的な配慮」が働いたのでしょうか。
ベールをかぶらない女性たちが「奇異」に感じられ、周囲からは批判の声が上がっていたのでしょうか。彼女たちの、髪を振り乱して祈り預言する姿に、周囲が困惑していたのでしょうか。

いずれにせよ、パウロには「古い創造の序列」が、キリストにおける「新しい創造」によって、乗り越えられたという確信がありました。ただ、パウロに続く多くの人々は、このことを、十分に受け継ぎませんでした。

その結果、パウロの表現は、当人の意図をはるかに越えて理解され、性差別を肯定し、温存する根拠とされたことは、悲しい歴史の事実です。

●回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東京の中心に皇居があり、それを囲むように内堀、またそれを囲むように外堀があります。外堀と内堀の間には…
  2. パウロ家族合同(召命担当者)の「祈りの集い」が行われました。テーマは、『いただいた、恵みに気づくマイ…
  3. ケラスコのアルベリオーネ一家の住まいは、ごく貧しかった。古ぼけた石としっくいで築いた二階建てての百姓…
  4. 日本では(2017年は)7月25日と8月6日が土用の丑の日ですが、暑気払いにと思ってウナギを食べに行…
  5. 先月6月30日の聖パウロの祝日に、無事、終生誓願を宣立することができました。これも兄弟姉妹である聖パ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 明日、10月19日は福者ティモテオ・ジャッカルド神父の記念日です♪福者ティモテオ・ジャッカルド神…
  2. 教会は、ハンガリーの聖エリザベトを11月17日に記念します。エリザベトは、1207年にハンガリー国王…
  3. わたしたちは、聖マリアを救い主イエスの母として、またわたしたち教会の子らの母として、特別に崇敬してい…
  4. 東京で「バカ」、関西で「アホとちゃうねん」と言われてもそんなに頭にこないのでしょうが、逆に東京で「お…
  5. 山上の説教が行われた教会からガリラヤ湖を望むと、緑に囲まれ、なだらかな風景に雄大さを感じます。イエス…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »