100回目の感謝

とまにちわ!

連載100回を記念して、みなさんからいただいたメッセージをご紹介します! キリのいい数字まで辿りつくことができたのは、これもひとえに、読者の方々の愛の力だと強く思っています。ありがとう!! まったく意味が分かりませんが、じんわりした恐ろしさを感じています(笑)。

連載100回、おめでとうございます。家庭の友で知って、拝見するようになりました。真面目と笑いの境界を突っ走る記事に、仕事場での昼休み、ひとりで変顔になりそうです。これからも楽しい記事をお願いします。

日常の退屈な時間も、ちょっとした工夫で楽しいものになる! 過去を振り返らず未来に突き進むための合い言葉として「変顔」はぜひ続けてくださいね!!

神様から誘惑されたTomaPさん。少しユーモアのセンスを持たれた、ごくごく普通の人と感じています。だからこそあなたからの発信は抵抗なく心に届くのです。今後も気負わず、淡々と前進されますよう願っています。

人知を越えたほめ方です。1個おまけしておきました。
よく分からないけど空を飛べそうな気がします!!

TomaPさん、連載100回おめでとうございます! うかがい知れない修道院の中を垣間見られる感じで、毎回楽しみに拝見しております。めざせ、200回!!

個人の勝手な意見なので、気にしないでいただきたいのですが、200回できないと思います。そんな感じの都市伝説を聞いたことがあります!!

この間初めてサンパウロに買い物に行ったのですが、見ていた地図が修道院のものだったようで、なんと修道院に着いてしまいました。インターフォンを押したところ、本屋さんは見附のほうで、大きな看板が出ています、と教えて頂きました。早速行ってみると、もう間違いようのないほど大きな看板! 無事に目的の本を購入できて良かったです。

役に立ててよかったです。私もたまに鼻毛に白髪が混じりますが、それも人生だと受け止めています!!

「しりとり」に導かれてカトリックにたどり着いた私、TomaPさんありがとう!

タルタルソースだと思ってたらコンディショナー。夢の銀河鉄道に乗車しちゃったんですね。おめでとうございます!!

100回目おめでとうございます。TomaPさんを知らなかったら 聖パウロ修道会って、詳しく知らなかったと思います。本当に私の人生はなんだか…大きく変わりました。信仰が芽吹いて、うーん、変わったんです!! ここには書ききれませんが、ひと言、ありがとうございます。

すべて神さまがなんとかしてくれますから、そんな感じで頑張りましょう。大小の基準しか分からない男とはまるで違いますから!!

平和がありますように!

なぜかジーンと来ました。
お気持ちは実によく分かります!!

連載100回おめでとうございます! 「家庭の友」の巻頭ページだけがなぜかゆるくて、撒き餌みたいな存在なんでしょうか(笑)。これからも楽しみに拝見します!

不可解な現象はだいたい神か宇宙人の仕業ですよね。
撒き餌は人を作るなんていいますから!!

TomaPさん、あなたを訪問すると、なぜか四谷のサンパウロで修道院製のお菓子を求めたくなり、ノコノコまいっております。四谷界隈の美味しい話から、パウロ家族のお話、盛りだくさん玉手箱のよう。幼稚園からパウロ家族の本で育ってる。さいごまで面倒みてもらいます。TomaPさん、パウロ家族と私たちをつないでくれてありがとー。

もうほとんど呪いだと思います。そしてカリフラワーはブロッコリーが変色した物だと思ってました!!

これが人生のピークではないのか・・・。
今後とも、いろいろと、どうぞよろしくお願い致します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代…
  2. 新約聖書の中には4つの福音書があります。その一つ、順番では2番目の福音書の作者とされているのが、今回…
  3. わたしたちの信仰生活を支える「秘跡」と「ミサ」について語られている本書は、「秘跡」が単なる儀式や形式…
  4. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  5. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…

ピックアップ記事

  1. 「どうして神父になりたいと思ったのですか」今まで何十回こんな質問を受けたか分からない。冗談ま…
  2. 【華やかで繊細な「ロザリオ」の魅力にうっとり♪】ため息の出るような美しいロザリオが、サンパウロ東京…
  3. サンタクロースが現在のような「赤い服を着てトナカイに乗り、煙突から入って子どもにプレゼントを置いてい…
  4. 8月4日は聖ヨハネ・マリア・ビアンネの記念日です。ビアンネは1786年にフランスのリヨン地方にある小…
  5. 人にはそれぞれ名前がついていますが、親にとってはその子どもの将来を考えて名前を付けたことでしょう。私…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »