修道院のお菓子

とまにちわ!

いい感じの季節になりました。東京も桜が満開みたい!?
おまけに、花粉症と風邪が同時にやってきたり。
いい感じの季節になりました〜!

そしてこの季節は、満開になった桜を紹介してしまいがち。
やっぱり目立ってきれいですもんね。
でも、ここはあえて、お花見で見られていなそうな花に注目してみよう! ひっそり感で胸がキュンキュンしちゃいます。
花も見てくれたら、きっとうれしいはずだから!!
どうぞよろしくお願いします。

さて、修道院のお菓子といえば、トラピスト・クッキーとかバター飴なんかが有名ですよね。懐かしい素朴な味わいが、なんだか新鮮というか、普通においしいです。たまに、物産展とかで見かけたりすると、つい買ってしまうのです。

初めて函館のトラピスト・クッキーを食べた時、「何これ! 口の中があったかくなる!!」。味よりも何よりも、そんな不思議な感覚を感じたのを覚えています。きっと熱い情熱を込めて、クッキーを焼き上げた証なんだと思う。

ちなみに、いちばん好きな修道院お菓子は、トラピスト・バター飴。さっぱりした優しい甘さで、ポリポリ噛みながら食べてしまうのです。ミルキーよりも断然こっち(比較するものではないけれど)。

そんな修道院のお菓子たちが、なんと、サンパウロ東京宣教センターで、販売されているみたい!
クッキーや飴はもちろんのこと、ジャムとかパウンドケーキ、
さらには、クリスマス島の塩とか、ハーブ水とかも!?
全国から修道院のお菓子が、どどーんと集まっているんだとか。これはちょっとした祭りじゃないか!
(※現在は「サンパオリーノ」で販売されています。)

そういうことで、皆さま、すてきなイースターをお迎えください!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代…
  2. 新約聖書の中には4つの福音書があります。その一つ、順番では2番目の福音書の作者とされているのが、今回…
  3. わたしたちの信仰生活を支える「秘跡」と「ミサ」について語られている本書は、「秘跡」が単なる儀式や形式…
  4. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  5. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…

ピックアップ記事

  1. それぞれの聖人たちの祝日は、何をもとに何月何日と決められているのですか。また何の守護の聖人というのは…
  2. 聖シャーベル・マクルーフ司祭の典礼暦上の記念日は7月24日です。ユセフ(後に修道者として「シャーベル…
  3. 「どうして神父になりたいと思ったのですか」今まで何十回こんな質問を受けたか分からない。冗談ま…
  4. 2016/12/30

    聖家族
    さて、今回は聖家族の祝日を取り上げることにします。聖家族の祝日は、通常、主の降誕の次の日曜日に祝われ…
  5. 今回は、10月24日に記念される聖アントニオ・マリア・クラレ司教を取り上げることにしましょう。この聖…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »