修道院のお菓子

とまにちわ!

いい感じの季節になりました。東京も桜が満開みたい!?
おまけに、花粉症と風邪が同時にやってきたり。
いい感じの季節になりました〜!

そしてこの季節は、満開になった桜を紹介してしまいがち。
やっぱり目立ってきれいですもんね。
でも、ここはあえて、お花見で見られていなそうな花に注目してみよう! ひっそり感で胸がキュンキュンしちゃいます。
花も見てくれたら、きっとうれしいはずだから!!
どうぞよろしくお願いします。

さて、修道院のお菓子といえば、トラピスト・クッキーとかバター飴なんかが有名ですよね。懐かしい素朴な味わいが、なんだか新鮮というか、普通においしいです。たまに、物産展とかで見かけたりすると、つい買ってしまうのです。

初めて函館のトラピスト・クッキーを食べた時、「何これ! 口の中があったかくなる!!」。味よりも何よりも、そんな不思議な感覚を感じたのを覚えています。きっと熱い情熱を込めて、クッキーを焼き上げた証なんだと思う。

ちなみに、いちばん好きな修道院お菓子は、トラピスト・バター飴。さっぱりした優しい甘さで、ポリポリ噛みながら食べてしまうのです。ミルキーよりも断然こっち(比較するものではないけれど)。

そんな修道院のお菓子たちが、なんと、サンパウロ東京宣教センターで、販売されているみたい!
クッキーや飴はもちろんのこと、ジャムとかパウンドケーキ、
さらには、クリスマス島の塩とか、ハーブ水とかも!?
全国から修道院のお菓子が、どどーんと集まっているんだとか。これはちょっとした祭りじゃないか!
(※現在は「サンパオリーノ」で販売されています。)

そういうことで、皆さま、すてきなイースターをお迎えください!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
  2. サイゴン市内を歩いていると、バイクを運転しながらケータイ電話をかけている状況を目にしたりします。とて…
  3. 今日のみことばの中に「わたしはイスラエルの失われた羊のためにしか遣わされていない」(マタ15・24)…
  4. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  5. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 毎年8月は、平和について考える時です。戦後71年となり、戦争を体験された方がたや被爆された方がたが亡…
  2. ベトナム語学校へ行く時には、いつもバスを使っています。午前6時40分近くに共同体を出…
  3. 2017/1/6

    主の公現
    「主の公現」の祭日は「公に現す」という字からも分かるとおり、この日は神の御子イエス・キリストが人とな…
  4. 1月24日は、聖フランシスコ・サレジオ司教教会博士の記念日です。フランシスコは、1567年8月21日…
  5. 6月はみ心に捧げられています。サンパウロ東京店(4階)にてみこころフェアを開催いたします。関…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »