総統治の養成担当者会議

2017年4月7日、師イエズス修道女会の総本部にてパウロ家族による総統治の養成担当者会議(第四回目)が開催されました。聖パウロ修道会からは副総長のセルソ・ゴディラノ神父とホセ・サル・パレーデス神父が参加しました。この中では、終生誓願前の準備コースや国際的な修練のコース、パウロ家族のカリスマコースなども紹介されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
  2. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…
  3. モンテ・カルメロ修道院のはちみつと、天然ハーブを凝縮したハーブミックスのシロップです。木々が自らを守…
  4. 十字架は、ローマ人が東方から導入し、ローマ市民以外の罪人に対する残酷な処刑の道具として、コンスタンテ…
  5. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…

ピックアップ記事

  1. アレッタパウロから新商品が入荷しました。木製壁掛け十字架 聖体品番:17001…
  2. 来週からベトナム語の学校が始まることもあり、今日はちょっと気分転換でメコンデルタへ行ってきました。…
  3. 2017年9月11日~15日、総統治のメンバーの年の黙想がピエトラカメラで行われ、聖パウロ大聖堂の元…
  4. 六年前の3月11日、東日本大震災が起こりました。私はその時、東京にいて会員と二階の部屋で面接をしてい…
  5. 四福音記者のイメージとして、天使(人間)〈マタイ〉、ライオン〈マルコ〉、牛〈ルカ〉、鷲〈ヨハネ〉など…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »