総統治の養成担当者会議

2017年4月7日、師イエズス修道女会の総本部にてパウロ家族による総統治の養成担当者会議(第四回目)が開催されました。聖パウロ修道会からは副総長のセルソ・ゴディラノ神父とホセ・サル・パレーデス神父が参加しました。この中では、終生誓願前の準備コースや国際的な修練のコース、パウロ家族のカリスマコースなども紹介されました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代…
  2. 新約聖書の中には4つの福音書があります。その一つ、順番では2番目の福音書の作者とされているのが、今回…
  3. わたしたちの信仰生活を支える「秘跡」と「ミサ」について語られている本書は、「秘跡」が単なる儀式や形式…
  4. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  5. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!あけましておめでとうございます。今年もゆるく綴っていきますのでよろしくお願い…
  2. 祈りのうちに、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか?日時:2016年11月27日…
  3. 今回は、10月24日に記念される聖アントニオ・マリア・クラレ司教を取り上げることにしましょう。この聖…
  4. 私たちの中には、善を行おうとする心と、悪を行おうとする心の2つの心があるのではないでしょうか。どちら…
  5. 東日本大震災後69カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »