コロンビア・エクアドル・パナマ管区で終生誓願式

2017年3月25日、エディス・アルフレッド・ガルシア神学生とジョルディン・アントニオ・マルチネス神学生がコロンビアのボゴダ修道院で終生誓願を宣立しました。司式は、管区長のマルチン・セプルヴェダ神父。この式には、パウロ家族の会員や親戚などが集まりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. —ルカはなぜパウロの殉教を記さなかったのですか? ルカが『使徒言行録』を記したのは、パウロの殉教から…
  2. 今日は「王であるキリスト」の主日です。「王」という言葉は、部族や種族の長たる者を「王」と呼んだり、「…
  3. 一九○八年十月に、アルベリオーネ神父は、母校であるアルバ神学校に呼び戻され、教授、霊的指導者、及び聴…
  4. マタイによる福音書25章31節~46節人の子が栄光に包まれ、すべてのみ使いを従えてくると…
  5. みなさん、こんにちは。聖パウロ修道会の山内神父です。私は去年の7月からベトナムのホーチミン市…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. ヤコブは、六歳でケラスコの小学校に入学した。ヤコブの家から学校までは約三キロメートル、静かな田舎道を…
  2. 今回は、1月17日に祝われる聖アントニオ(エジプトの)修道院長を取り上げたいと思います。「聖アントニ…
  3. ケラスコのアルベリオーネ一家の住まいは、ごく貧しかった。古ぼけた石としっくいで築いた二階建てての百姓…
  4. インドのムンバイで2017年2月14日(火)~17日(金)まで開催される、CTIA(総本部直属組織/…
  5. 2017年6月2日~4日、ローマ市内の聖パウロ修道院でパウロ家族の60歳以下の集いがあり、種々の修道…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »