コロンビア・エクアドル・パナマ管区で終生誓願式

2017年3月25日、エディス・アルフレッド・ガルシア神学生とジョルディン・アントニオ・マルチネス神学生がコロンビアのボゴダ修道院で終生誓願を宣立しました。司式は、管区長のマルチン・セプルヴェダ神父。この式には、パウロ家族の会員や親戚などが集まりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. クリスマスを前に、今年もキリスト教出版社、絵本出版社、グッズメーカーが一同に会し、展示、即売会を行う…
  2. この箇所ではイエスが私たちに不正を勧めているように感じます。イエスは私たちに何を語りたいのでしょうか…
  3. 同病相あわれむというか、ヤコブは病身の同級生アゴスチノ・ボレロ(Agostino Borello)と…
  4. 高山右近 模範となる指導者の姿キリシタン大名として、また茶人として神を愛し、人を愛し続けて信仰を…
  5. マタイによる福音書(20・1−16)「天の国は次のことに似ている。ある家の主人がぶどう園…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 聖パウロは天国の体験をしたと聞きましたが、本当ですか。天国について、どんなことを言っていますか?…
  2. 本書は、聖書の中から選ばれた74の物語が、親しみの持てるかわいらしいイラストともに、子どもたちにわか…
  3. 初めがあれば、終わりがあります。 教会の典礼では、今日から待降節に入り、典礼暦で言えば、まさ…
  4. 「使徒の女王マリア」の祝日は、私の属する修道会、聖パウロ修道会に固有の祝日で、聖霊降臨の主日の前日に…
  5. マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の『沈黙』を映画にしようと28年間温めて来た作品『沈黙 ―サイレ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »