コロンビア・エクアドル・パナマ管区で終生誓願式

2017年3月25日、エディス・アルフレッド・ガルシア神学生とジョルディン・アントニオ・マルチネス神学生がコロンビアのボゴダ修道院で終生誓願を宣立しました。司式は、管区長のマルチン・セプルヴェダ神父。この式には、パウロ家族の会員や親戚などが集まりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  2. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…
  3. 2月16日(金)が旧正月ですが、ベトナムでは多くの方々がふるさとに帰っています。私も学生に便乗し…
  4. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
  5. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!あけましておめでとうございます。今年もゆるく綴っていきますのでよろしくお願い…
  2. 日本カトリック教会は、ローマ教皇の呼びかけや招きに応えるために、現代の必要性に応じて、さまざまな祈り…
  3. 私の母は姉が共働きで家を留守にするため、代わりに子どもたちの世話をしていまいた。その時、母は「子ども…
  4. イエスは何をしたのでしょうか。なぜ人びとはイエスを覚えているのでしょうか。さあ、彼の仲間…
  5. 2017年10月11日、「カトリック教会のカテキズム」が発行されて25年になりますが、この機会に新し…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »