コロンビア・エクアドル・パナマ管区で終生誓願式

2017年3月25日、エディス・アルフレッド・ガルシア神学生とジョルディン・アントニオ・マルチネス神学生がコロンビアのボゴダ修道院で終生誓願を宣立しました。司式は、管区長のマルチン・セプルヴェダ神父。この式には、パウロ家族の会員や親戚などが集まりました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私たちにとって身近な人の死は、とても悲しく辛いものです。しかし、たとえ肉体的には、見ることも、肌に触…
  2. 2017/5/26

    主の昇天
    主の昇天の祭日は、本来は、使徒言行録の記述にしたがって(1・3−)、復活の主日から40日後に祝われま…
  3. 教会は、5月26日に聖フィリポ・ネリを記念します。この聖人は、1515年にイタリアのフィレンツェで生…
  4. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  5. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへの聖母月のメッセージをお届けします。ぜひご覧く…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. パウロは「女性司祭」について賛成ですか、反対ですか?大変ユニークで興味深いご質問ですが、難問です…
  2. 教会は、聖チリロと聖メトジオの兄弟を2月14日に祝います。この2人の聖人は、教皇ヨハネ・パウロ2世に…
  3. 2017/3/1

    灰の水曜日
    復活祭から換算してその46日前にあたる日が灰の水曜日です。復活祭の日は年によって変わるため、灰の水曜…
  4. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
  5. とまにちわ!ゆるしの秘跡は、カトリック教会の秘跡の一つで、回心と和解の秘跡と言われています。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »