灰の水曜日の奇跡?

とまにちわ!

毎年やっているからなのか、年に一回しかやらないからなのか、なぜか慌ててしまう、灰の水曜日のミサ。この日は、前年の受難の主日(枝の主日)に祝福された枝を燃やしてできた灰を、額や頭に受けて回心のしるしとする「灰の式」が行われるんです。

灰は、先輩ブラザーがすでにやってくれていて、ここ数年は、ぬかりなし! 一緒に使う聖水、手を洗う器と手ふきも準備してたので、用意するものも、ほぼ間違いなし!? そんな準備万端で迎えたはずの、灰の水曜日のミサ。
始まりは、当日、司式するはずだった司祭が急きょできなくなったことでした。そこで、ピンチヒッターとして、別の司祭が司式することになりました。

そんなバタバタした状況で、なんとかミサが始まり、集会祈願まで進み、次は、聖書朗読に入るハズが・・・。なぜか、灰の祝福を始めだしてしまったのです!

本当は、第一の聖書朗読と第二の聖書朗読、そして福音書の朗読、さらに説教の後に、灰の祝福がある。という流れなのです。みんなも、ちょっとポカ〜ンとしてるし!
さすがに、灰の祝福は、ちょっと、ワープし過ぎではー!?
あわてて、司祭に駆け寄り、順番を説明して、軌道修正してもらうことができました。よ、よかった・・・。

そして、聖書朗読も無事に終わり、灰の祝福もすませ、いよいよ、灰の塗布式が始まりました。

司祭は祭壇上で、おもむろに手に灰をつかみ、「回心して福音を信じなさい」という言葉を唱えながら、自分の手で自身の額に灰を付けています・・・!? 例年、共同司式で司祭が複数いたので、単なる違和感だったんですが、なんだか不思議な光景を見た気がしたのでした(苦笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/6/29

    使徒聖パウロ
    私たち聖パウロ修道会の創立者アルベリオーネ神父は、2003年4月27日に列福されました。このアルベリ…
  2. 2017/6/29

    聖ペトロ
    6月29日は、聖ペトロと聖パウロという教会の礎となった二大聖人を祝う日です。今回は、二人のうち聖ペト…
  3. 今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込…
  4. リヨン(現在のフランス)の司教聖イレネオの記念日は6月28日です。イレネオがいつどこで生まれたかは、…
  5. 2017年6月30日、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして終生誓願式が行われます。終生誓願式…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 裁判官と一人のやもめとでは、権力の大きな違いがあります。裁判などの場面に遭遇すれば、一人のやもめにと…
  2. 毎月、ガスメーターの検針のため、東京ガスの担当者が修道院へやってきます。その方は、設置されているメー…
  3. 今日の箇所は憐れみの三つのたとえがあり、最初は「見失った羊」、次に「なくした銀貨」、最後に有名な「放…
  4. 「なぜ、生きておられる方を死者の中に探すのか?」(ルカ24:5)この天使の招きが、私たちを悲…
  5. 【お見逃しなく!いつくしみのイエスに出会える絶好のチャンス☆】帰省やイベントなど、なにかと人に会う…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »