灰の水曜日の奇跡?

とまにちわ!

毎年やっているからなのか、年に一回しかやらないからなのか、なぜか慌ててしまう、灰の水曜日のミサ。この日は、前年の受難の主日(枝の主日)に祝福された枝を燃やしてできた灰を、額や頭に受けて回心のしるしとする「灰の式」が行われるんです。

灰は、先輩ブラザーがすでにやってくれていて、ここ数年は、ぬかりなし! 一緒に使う聖水、手を洗う器と手ふきも準備してたので、用意するものも、ほぼ間違いなし!? そんな準備万端で迎えたはずの、灰の水曜日のミサ。
始まりは、当日、司式するはずだった司祭が急きょできなくなったことでした。そこで、ピンチヒッターとして、別の司祭が司式することになりました。

そんなバタバタした状況で、なんとかミサが始まり、集会祈願まで進み、次は、聖書朗読に入るハズが・・・。なぜか、灰の祝福を始めだしてしまったのです!

本当は、第一の聖書朗読と第二の聖書朗読、そして福音書の朗読、さらに説教の後に、灰の祝福がある。という流れなのです。みんなも、ちょっとポカ〜ンとしてるし!
さすがに、灰の祝福は、ちょっと、ワープし過ぎではー!?
あわてて、司祭に駆け寄り、順番を説明して、軌道修正してもらうことができました。よ、よかった・・・。

そして、聖書朗読も無事に終わり、灰の祝福もすませ、いよいよ、灰の塗布式が始まりました。

司祭は祭壇上で、おもむろに手に灰をつかみ、「回心して福音を信じなさい」という言葉を唱えながら、自分の手で自身の額に灰を付けています・・・!? 例年、共同司式で司祭が複数いたので、単なる違和感だったんですが、なんだか不思議な光景を見た気がしたのでした(苦笑)。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017年3月25日、イタリアからの総顧問の二人が、日本管区の検証訪問を終え、離日しました。離日…
  2. 1917年5月13日、聖母マリアがポルトガルのファティマにご出現なさって100年になります。今回は、…
  3. 私たちの中には、善を行おうとする心と、悪を行おうとする心の2つの心があるのではないでしょうか。どちら…
  4. 2017/3/24

    神のお告げ
    3月25日は「神のお告げ」の祭日です。多くの人は、この祭日をマリアの祭日と考えていますが、これは、ま…
  5. 中学生や高校生のころ、視力は裸眼で1.5くらいありました。眼鏡も不要で、とても快適でした。それが年齢…

ピックアップ記事

  1. 聖ハインリッヒは、バイエルン公爵の息子として、973年(あるいは978年)5月6日にバイエルンで生ま…
  2. 私たちは宣教活動をどのように考えるでしょうか。例えば、宣教活動をするのに最も効果的な場所はどこだろう…
  3. 2015/9/28

    ガラパゴス
    一九五〇年代、私が小学三年生か四年生のころで、ある夏の夜のことだったとはっきり覚えています。私はその…
  4. 毎年12月にはクリスマスをお祝いいたしますが、 街角の華やかさや輝きとは対照的に、飼い葉桶に眠るキリ…
  5. ●B6判 本文総ルビにてリニューアル!フランシスコ会聖書研究所、55年間の研究成果を一冊に凝縮。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »