灰の水曜日の奇跡?

とまにちわ!

毎年やっているからなのか、年に一回しかやらないからなのか、なぜか慌ててしまう、灰の水曜日のミサ。この日は、前年の受難の主日(枝の主日)に祝福された枝を燃やしてできた灰を、額や頭に受けて回心のしるしとする「灰の式」が行われるんです。

灰は、先輩ブラザーがすでにやってくれていて、ここ数年は、ぬかりなし! 一緒に使う聖水、手を洗う器と手ふきも準備してたので、用意するものも、ほぼ間違いなし!? そんな準備万端で迎えたはずの、灰の水曜日のミサ。
始まりは、当日、司式するはずだった司祭が急きょできなくなったことでした。そこで、ピンチヒッターとして、別の司祭が司式することになりました。

そんなバタバタした状況で、なんとかミサが始まり、集会祈願まで進み、次は、聖書朗読に入るハズが・・・。なぜか、灰の祝福を始めだしてしまったのです!

本当は、第一の聖書朗読と第二の聖書朗読、そして福音書の朗読、さらに説教の後に、灰の祝福がある。という流れなのです。みんなも、ちょっとポカ〜ンとしてるし!
さすがに、灰の祝福は、ちょっと、ワープし過ぎではー!?
あわてて、司祭に駆け寄り、順番を説明して、軌道修正してもらうことができました。よ、よかった・・・。

そして、聖書朗読も無事に終わり、灰の祝福もすませ、いよいよ、灰の塗布式が始まりました。

司祭は祭壇上で、おもむろに手に灰をつかみ、「回心して福音を信じなさい」という言葉を唱えながら、自分の手で自身の額に灰を付けています・・・!? 例年、共同司式で司祭が複数いたので、単なる違和感だったんですが、なんだか不思議な光景を見た気がしたのでした(苦笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 教会の歴史を振り返ってみると、とても興味深いものです。うまくいった時代もあれば、種々の困難を抱えてい…
  2. 東日本大震災後78カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. ヤコブは、六歳でケラスコの小学校に入学した。ヤコブの家から学校までは約三キロメートル、静かな田舎道を…
  4. 本書は、第二バチカン公会議の開催に至るまでの準備段階を振り返り、さらに公会議の実りである「憲章」や「…
  5. ベトナムのホーチミン市内でひときわ目立つのはサイゴン教会です。街のシンボルと言ってもよいでしょう。…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年3月13日~16日、ポルトガル・アンゴラ地区の地区集会が行われ、総長のヴァルディル・ジョセ…
  2. 10月18日に、私たちは聖ルカの祝日を祝います。聖ルカの生涯について、私たちが知っていることはあまり…
  3. 私たちは、人の悪い所には敏感に反応します。それは、教会共同体や家庭、学校や職場、地域社会などでも起こ…
  4. ケラスコのアルベリオーネ一家の住まいは、ごく貧しかった。古ぼけた石としっくいで築いた二階建てての百姓…
  5. 三月十九日は聖ヨセフの祭日です。ヨセフは、イエス・キリストが人として生まれるにあたり、大切な役割を果…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »