灰の水曜日の奇跡?

とまにちわ!

毎年やっているからなのか、年に一回しかやらないからなのか、なぜか慌ててしまう、灰の水曜日のミサ。この日は、前年の受難の主日(枝の主日)に祝福された枝を燃やしてできた灰を、額や頭に受けて回心のしるしとする「灰の式」が行われるんです。

灰は、先輩ブラザーがすでにやってくれていて、ここ数年は、ぬかりなし! 一緒に使う聖水、手を洗う器と手ふきも準備してたので、用意するものも、ほぼ間違いなし!? そんな準備万端で迎えたはずの、灰の水曜日のミサ。
始まりは、当日、司式するはずだった司祭が急きょできなくなったことでした。そこで、ピンチヒッターとして、別の司祭が司式することになりました。

そんなバタバタした状況で、なんとかミサが始まり、集会祈願まで進み、次は、聖書朗読に入るハズが・・・。なぜか、灰の祝福を始めだしてしまったのです!

本当は、第一の聖書朗読と第二の聖書朗読、そして福音書の朗読、さらに説教の後に、灰の祝福がある。という流れなのです。みんなも、ちょっとポカ〜ンとしてるし!
さすがに、灰の祝福は、ちょっと、ワープし過ぎではー!?
あわてて、司祭に駆け寄り、順番を説明して、軌道修正してもらうことができました。よ、よかった・・・。

そして、聖書朗読も無事に終わり、灰の祝福もすませ、いよいよ、灰の塗布式が始まりました。

司祭は祭壇上で、おもむろに手に灰をつかみ、「回心して福音を信じなさい」という言葉を唱えながら、自分の手で自身の額に灰を付けています・・・!? 例年、共同司式で司祭が複数いたので、単なる違和感だったんですが、なんだか不思議な光景を見た気がしたのでした(苦笑)。

本記事について

最後までお読みいただきありがとうございます。本記事は「家庭の友」誌の過去記事を再掲載したものです。昔のことを懐かしみたいときにぜひ読んでいただきたい! そして、はじめて来た人には、まずこれを読んでほしい、というご挨拶代わりでもあります。楽しい気分になりたいとき、そうでない気分のときも、いつでもまた来てくださいね。
> 個人サイト:TomaP TwitterID:tomap_dayo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
  2. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  3. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  4. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  5. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. フランシスコ会聖書研究所の成果がこの1冊に凝縮。旧約・新約の全編を網羅。独自の原典批判(テキ…
  2. 「アルファ」というキリスト教を知るための入門コースがあります。発祥の地はロンドンのホーリー・トゥリニ…
  3. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…
  4. 世界広報の日の記念講演です。是非お出かけ下さい。世界広報の日カトリック教会は、第2バチカ…
  5. 東日本大震災後76カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »