飲む人をクセにさせるベトナムコーヒー

とまにちわ!

おみやげでもらったベトナムコーヒー。
なんでも、ベトナムはコーヒー生産国第二位なんだそう。
そんなベトナムコーヒーって、人生初かもしれない。

というか、どうやって入れるか、どうやって飲むのかすら、分かっていない! やっぱりここは、ベトナムから来ている志願者に聞いて作るのが、一番間違えない方法だよね。
と、分かっているものの、人見知り過ぎて、聞けなーい!!

なので、ここは何も調べないで、自力でベトナムコーヒーを飲んでやるのだっ! きっと、ベトナムって名前が付くだけで、普通のコーヒーとそんなに違わないよね?
そんな見切り発車で、ベトナムコーヒーを入れてみました!!
なんでこんなことをするのか、分からないけど(苦笑)。

おみやげのコーヒーには、アルミ製のコーヒードリッパーも付いていました。
きっとこの中にコーヒーの粉(ペーパー用よりやや粗め)を入れて、その上からお湯を注げば、下からコーヒーが出てくるっていうことだよね。そうだよ、きっと!

そんなことで、目分量で粉を入れ、お湯を注いでフタをして、待つことしばし。
そしてできた!(いいのか、これで?)

それは、エスプレッソの泡がないバージョン。
なんだか濃いめに出来上がった気がするんですけど、男らしくこのまま飲んでみることにしました。
うううー、なんだか、ものすごく、にがい。
でも、この独特な感じが、きっとベトナムなんだよね〜!!
理由はないけど、百二十点あげたいと思います!(笑)

後でちょっとだけ調べたら、ベトナムコーヒーにはコンデンスミルクをたっぷり入れるみたい。
あまーくして飲んじゃうのが、ベトナム流なんだ。
次はちゃんと聞いてから、おいしいベトナムコーヒーを入れたいと思います!

本記事について

最後までお読みいただきありがとうございます。本記事は「家庭の友」誌の過去記事を再掲載したものです。昔のことを懐かしみたいときにぜひ読んでいただきたい! そして、はじめて来た人には、まずこれを読んでほしい、というご挨拶代わりでもあります。楽しい気分になりたいとき、そうでない気分のときも、いつでもまた来てくださいね。
> 個人サイト:TomaP TwitterID:tomap_dayo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
  2. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  3. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  4. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  5. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. わたしたちの信仰生活を支える「秘跡」と「ミサ」について語られている本書は、「秘跡」が単なる儀式や形式…
  2. ※本日予定しておりました、「加藤一二三 九段 トーク&サイン会」は、ご本人の体調不良のため、急き…
  3. 【社会の中にある福音を取り込むというアプローチ】サンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>からオス…
  4. あれから5年—。メディアは、どれほどの情報を人々に発信してきたか。時に人々は取材される側になり、微妙…
  5. ヤコブは、六歳でケラスコの小学校に入学した。ヤコブの家から学校までは約三キロメートル、静かな田舎道を…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »