修道院の蜂蜜

とまにちわ!

イタリアの修道院で採集されたという、修道院の蜂蜜。
クマ気分でテイスティングしてみました!
イタリア・トスカーナ州グロセット郊外の山の頂上にある、シロエ修道院で作られている蜂蜜。
瓶詰めも全て手作業で行われているんだそうですよ。

テイスティングしたのは、
「ミッレフィオーリ 春」「ミッレフィオーリ 夏」
「ミッレフィオーリ 秋」「ペペロンチーノ」「サフラン」。

季節に味の違いはある?
ペペロンチーノとサフランの蜂蜜ってどんな味?
そもそも、味の違いが分かるのか、自分?

なんて思いながら、ちょっとずつもらってみたら、色も味もすべて違うー!

おいしい!
あまい!
おいしい!
からい!
イタリアっぽい!

これじゃ、ニュアンスがまったく伝わらない・・・。
季節の蜂蜜は、濃厚さというのか風味が違う。
秋が一番濃厚な気がする。
個人的には、くせも少なく、さわやか風味の「春」が好き。
みんなは「夏」がいいって言ってたけど、ホットケーキにかけて食べたいんだもの!

なんでも、ペペロンチーノは、修道院の丘で無農薬で採集された、こだわりのものなんだそう。
あまいのと、からいの、同時に楽しめちゃう新感覚の蜂蜜。
なんというか、スイートチリソースみたいな感じかも?

そして、高級な香辛料と言われるサフランに蜂蜜!
なんともゴージャスな組み合わせだ。
「食前酒、パン、カナッペ、チーズなどと一緒に頂くと最高!」
らしいけど、そのままなめると、こう、なんというか、言葉にできない!

しばらくなめてたら、子どものころに使った水彩絵の具を、なぜか思い出しました。
いま考えると、なんで絵の具をなめたりしてたんだろ・・・。
蜂蜜は、過去の記憶も呼び起こしてくれるんですね!

本記事について

最後までお読みいただきありがとうございます。本記事は「家庭の友」誌の過去記事を再掲載したものです。昔のことを懐かしみたいときにぜひ読んでいただきたい! そして、はじめて来た人には、まずこれを読んでほしい、というご挨拶代わりでもあります。楽しい気分になりたいとき、そうでない気分のときも、いつでもまた来てくださいね。
> 個人サイト:TomaP TwitterID:tomap_dayo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ちょうど今の時期は夜明けが遅く、日没が早くなり、光のありがたさを特に感じる時期です。冬至も間近で、寒…
  2. ペトロアンデレの兄弟で、使徒たちのリーダーでした。ヨハネ福音書によると洗礼者ヨハネの弟子で、共観…
  3. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  4. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  5. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 私が自分を神への奉仕に捧げたいという望みを抱いたのは小学生の頃からでした。しかしその決心を深め、熱心…
  2. 聖画マグネットがイタリアより入荷しました。信心用具として、また、ちょっとしたインテリアとしても幅…
  3. 麦と毒麦、稲と稗。どちらも苗が小さい時には区別がつけにくいものですが、大きく成長してくるにつれて見分…
  4. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  5. 6年前の6月19日に高松教区で諏訪榮治郎司教様の司教叙階式が行われ、その式に参列しました。とても家族…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »