修道院の蜂蜜

とまにちわ!

イタリアの修道院で採集されたという、修道院の蜂蜜。
クマ気分でテイスティングしてみました!
イタリア・トスカーナ州グロセット郊外の山の頂上にある、シロエ修道院で作られている蜂蜜。
瓶詰めも全て手作業で行われているんだそうですよ。

テイスティングしたのは、
「ミッレフィオーリ 春」「ミッレフィオーリ 夏」
「ミッレフィオーリ 秋」「ペペロンチーノ」「サフラン」。

季節に味の違いはある?
ペペロンチーノとサフランの蜂蜜ってどんな味?
そもそも、味の違いが分かるのか、自分?

なんて思いながら、ちょっとずつもらってみたら、色も味もすべて違うー!

おいしい!
あまい!
おいしい!
からい!
イタリアっぽい!

これじゃ、ニュアンスがまったく伝わらない・・・。
季節の蜂蜜は、濃厚さというのか風味が違う。
秋が一番濃厚な気がする。
個人的には、くせも少なく、さわやか風味の「春」が好き。
みんなは「夏」がいいって言ってたけど、ホットケーキにかけて食べたいんだもの!

なんでも、ペペロンチーノは、修道院の丘で無農薬で採集された、こだわりのものなんだそう。
あまいのと、からいの、同時に楽しめちゃう新感覚の蜂蜜。
なんというか、スイートチリソースみたいな感じかも?

そして、高級な香辛料と言われるサフランに蜂蜜!
なんともゴージャスな組み合わせだ。
「食前酒、パン、カナッペ、チーズなどと一緒に頂くと最高!」
らしいけど、そのままなめると、こう、なんというか、言葉にできない!

しばらくなめてたら、子どものころに使った水彩絵の具を、なぜか思い出しました。
いま考えると、なんで絵の具をなめたりしてたんだろ・・・。
蜂蜜は、過去の記憶も呼び起こしてくれるんですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/6/23

    聖母のみ心
    聖母のみ心の記念日は、1944年、第二次世界大戦が終わりへと向かう中、教皇ピオ12世が制定しました。…
  2. 6月24日は洗礼者聖ヨハネの誕生の祭日です。洗礼者ヨハネについては、8月29日にその殉教(すなわち天…
  3. 子どもの時の印象が強いためか、「二羽の雀」と聞くと、ついつい「庭の雀」を思い出してしまいます。しかも…
  4. 2017/6/22

    イエスのみ心
    イエスのみ心の祭日は、聖霊降臨の主日の翌々週の金曜日に祝われます。この日の集会祈願で、私たち…
  5. 6月21日に祝われる聖人、アロイジオ・ゴンザガは、1568年に、ゴンザガ家の一つであるカスティリオー…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 一コリ13章と14章に書かれている異言について、カトリック教会としての解釈、立場を教えてください。…
  2. 聖ペトロ・ダミアノ司教教会博士の記念日は、元来2月23日でした(2月22日から23日にかけての夜に亡…
  3. 2017/3/22

    聖水について
    教会の入り口にある聖水は、初代教会から置かれていたのでしょうか。聖水に指を浸して十字架のしるしをしま…
  4. あれから5年—。メディアは、どれほどの情報を人々に発信してきたか。時に人々は取材される側になり、微妙…
  5. 聖霊降臨の主日で復活節が終わると、その次の日曜日には三位一体の主日が祝われます。そこで今回は、三位一…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »