修道院に入るには?

とまにちわ!

あけましておめでとうございます。
今年もゆるく綴っていきますのでよろしくお願いします。

さて、お気楽なことばかり書いているせいなのか、最近、「修道生活をしたい」、「修道院に入りたい」というお問い合わせ内容に異変(?)が起きてるようなんです。

「いま結婚していますが、修道院に入れますか?」
「病気療養しながらでも、修道生活ができますか?」
「修道院で、お給料はもらえますか?」

え、これって、マジで聞いてるんでしょうか? 
なんとも衝撃的な質問で、しばらく口があんぐりしちゃったわたし。

残念ながら、すでに結婚してたり、子どもがいたりしていると修道院には入れないです(独身限定)。また、修道会の宣教活動に支障のある病気がある方も難しいかと。そして、お給料は出ません・・・。

ということで、聖パウロ修道会に入会する条件なるものをお伝えしてみます。じゃ〜ん。
聖パウロ修道会の場合、修道生活を希望する人は、カトリックの洗礼を受けていることが大前提。
少なくとも受洗後、一年を経過していることが条件です。
聖性を目指し、神と人々に奉仕する意向を持ち、現代的手段による福音宣教を望んでいること。
そして、心身共に健康な方で、会の使命を遂行するために必要な知力、素質、熱意を持っていること。
共同生活への適応性があること。

現在のところ、こういう感じの入会条件となっています! と、さらりと書いてみたものの、自分に知力、素質、熱意、適応性があるとは言えず。なんだか、とっても微妙(苦笑)。
自分好みにカスタマイズ(?)して楽しんでいただければと思います。なんとかなるものです。

本記事について

最後までお読みいただきありがとうございます。本記事は「家庭の友」誌の過去記事を再掲載したものです。昔のことを懐かしみたいときにぜひ読んでいただきたい! そして、はじめて来た人には、まずこれを読んでほしい、というご挨拶代わりでもあります。楽しい気分になりたいとき、そうでない気分のときも、いつでもまた来てくださいね。
> 個人サイト:TomaP TwitterID:tomap_dayo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  2. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  3. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  4. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
  5. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 私たちは、1日の中で何回「ありがとう」という言葉を口にしているでしょうか。相手から受けた厚意に対して…
  2. 2015/9/15

    最初の復活祭
    イエスってだあれ?最初の復活祭ってなあに?この本には小さい子どもたちのために、かわいらしいイ…
  3. 2017年3月25日、イタリアからの総顧問の二人が、日本管区の検証訪問を終え、離日しました。離日…
  4. 【手作り感あふれる叙情的な修道院のワイン】今日は、修道院製品販売の<サンパオリーノ>から、オースト…
  5. 聖ベネディクトは、修道生活の会則を記し、西方キリスト教世界における修道生活に決定的な影響を与えたこと…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »