日本では見たことがない枝の主日の準備

受難の主日(枝の主日/2017年4月9日)が近づいてきました。

日本では枝というと「棕櫚(しゅろ)」が使われますが、ベトナムではココナッツの木を使って行われるようです。

今朝、ホーチミン市内の教会を訪問したら、信徒の皆さんがちょうど準備していました。

まずココナッツの木を細長く小さく切り、1メートルくらいの長さにします。

幅は5センチくらいで、厚さは2ミリくらいでしょうか…。

途中で二か所くらいを切り、交互に折り曲げて枝のような形にしていきます。

言葉で説明すると難しいので、写真で順番に見ていくと、わかりやすいでしょう。

7~8人の信徒の方が作っていましたが、とても手間暇のかかる作業だなあと感じました。

でも受け取った人には温かい心が届くだろうなあと思いました。

木の香りも甘くていいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/6/29

    使徒聖パウロ
    私たち聖パウロ修道会の創立者アルベリオーネ神父は、2003年4月27日に列福されました。このアルベリ…
  2. 2017/6/29

    聖ペトロ
    6月29日は、聖ペトロと聖パウロという教会の礎となった二大聖人を祝う日です。今回は、二人のうち聖ペト…
  3. 今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込…
  4. リヨン(現在のフランス)の司教聖イレネオの記念日は6月28日です。イレネオがいつどこで生まれたかは、…
  5. 2017年6月30日、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして終生誓願式が行われます。終生誓願式…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 毎年10月は「ロザリオの月」です。この月にはたくさんの教会でロザリオの祈りがささげられていますが、素…
  2. 聖ヨハネ・レオナルディ司祭の典礼上の記念日は10月9日です。ヨハネ・レオナルディは、1541年中部イ…
  3. 聖シルベストロ1世教皇の記念日は12月31日です。この聖人の生涯や思想について、詳しいことは知られて…
  4. 待降節は主の到来を待つ期間です。主イエスの到来が間近に迫っているので、その喜びに満たされながら待ち望…
  5. とまにちわ!あけましておめでとうございます。今年もゆるく綴っていきますのでよろしくお願い…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »