日本では見たことがない枝の主日の準備

受難の主日(枝の主日/2017年4月9日)が近づいてきました。

日本では枝というと「棕櫚(しゅろ)」が使われますが、ベトナムではココナッツの木を使って行われるようです。

今朝、ホーチミン市内の教会を訪問したら、信徒の皆さんがちょうど準備していました。

まずココナッツの木を細長く小さく切り、1メートルくらいの長さにします。

幅は5センチくらいで、厚さは2ミリくらいでしょうか…。

途中で二か所くらいを切り、交互に折り曲げて枝のような形にしていきます。

言葉で説明すると難しいので、写真で順番に見ていくと、わかりやすいでしょう。

7~8人の信徒の方が作っていましたが、とても手間暇のかかる作業だなあと感じました。

でも受け取った人には温かい心が届くだろうなあと思いました。

木の香りも甘くていいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 教会の歴史を振り返ってみると、とても興味深いものです。うまくいった時代もあれば、種々の困難を抱えてい…
  2. 東日本大震災後78カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. ヤコブは、六歳でケラスコの小学校に入学した。ヤコブの家から学校までは約三キロメートル、静かな田舎道を…
  4. 本書は、第二バチカン公会議の開催に至るまでの準備段階を振り返り、さらに公会議の実りである「憲章」や「…
  5. ベトナムのホーチミン市内でひときわ目立つのはサイゴン教会です。街のシンボルと言ってもよいでしょう。…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 「聖パウロ協力者会」の新しいホームページができました♪聖パウロ協力者会は、社会的コミュニケーショ…
  2. 半農半漁を営む小さな町に生まれ、兄が4人、姉が1人の6人兄弟姉妹の末っ子。両親ともカトリック信者で、…
  3. 聖パウロ修道会では、下記のとおり、サンパウロの人事異動を行います。氏名新旧…
  4. 3月17日に、私たちは日本の教会の歴史にとって記念すべき日を祝います。それが「日本の信徒発見の聖母」…
  5. 2016/11/1

    諸聖人の祭日
    11月1日は、諸聖人の祭日です。聖人とは、キリストへの信仰をもってこの世の旅路を歩み通し、今は御父の…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »