日本では見たことがない枝の主日の準備

受難の主日(枝の主日/2017年4月9日)が近づいてきました。

日本では枝というと「棕櫚(しゅろ)」が使われますが、ベトナムではココナッツの木を使って行われるようです。

今朝、ホーチミン市内の教会を訪問したら、信徒の皆さんがちょうど準備していました。

まずココナッツの木を細長く小さく切り、1メートルくらいの長さにします。

幅は5センチくらいで、厚さは2ミリくらいでしょうか…。

途中で二か所くらいを切り、交互に折り曲げて枝のような形にしていきます。

言葉で説明すると難しいので、写真で順番に見ていくと、わかりやすいでしょう。

7~8人の信徒の方が作っていましたが、とても手間暇のかかる作業だなあと感じました。

でも受け取った人には温かい心が届くだろうなあと思いました。

木の香りも甘くていいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 典礼暦の中には、通常の期間(年間主日・週日)のほかに、特別な季節が置かれています。年間主日・週日が、…
  2. 私は、1週間ほどベトナムに行く機会をいただきました。それは、ベトナムにあるパウロ会の修道院の生活を体…
  3. 五島列島の久賀島に「ろうや牢屋のさこ窄」という殉教地があります。私も巡礼で何回となく訪問しました。一…
  4. 世界広報の日の記念講演です。是非お出かけ下さい。世界広報の日カトリック教会は、第2バチカ…
  5. 私たちの中には、善を行おうとする心と、悪を行おうとする心の2つの心があるのではないでしょうか。どちら…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »