受け入れるという種 受難の主日(マタイ27・11〜54)

私たちにとって「苦しみ」や「痛み」とは、どのようなものなのでしょうか。きょう私たちは、「主の受難」を黙想いたします。【受難】とは、「難」を「受」けると書きます。このように考えますと、私たちは、「どおして、私だけ非難されなければならないのか」とか「なぜ、私はこのような病気になったのだろう」とか、自分や相手を責めてしまいがちです。

では、イエス様はどうだったのでしょうか。私は、イエス様の【受難】は、「『難』を『受ける』ではなく、『難』を『受け入れる』ではないか」と思うのです。イエス様は、私たちの罪を贖うためにすべての【難】を【受け入れられた】のではないでしょうか。ここには、イエス様の“いつくしみの愛”があると言ってもいいのかもしれません。

きょうのみことばは、マタイ福音書の「イエス様の受難」の場面です。マタイ福音書は、イエス様の「苦しみ」を強調して描いているようです。しかも、祭司長や長老たちがようやくイエス様を捕らえ、十字架につけられるという、彼らの勝利のような書き方です。彼らは、ピラト総督の前で、イエス様に対して「不利な証言」を申し立てます。さらに、彼らは、「バラバを釈放し、イエスを殺す」ように群衆を説き伏せます。これらは、まさに人間の罪の醜さです。

ピラトは、彼の妻から「あの正しい人と関わりを持たないでください。昨夜、あの人の夢を見て、たいへん苦しみました」と頼まれます。彼は、妻の伝言を聞き何とかしてイエス様を助けようと試みます。マタイ福音書には、イエス様の誕生のお告げや東方の博士、そしてエジプトへの避難のお告げなど「夢」を用いています(1・20、2・12、2・13)。この「夢」というのは、神様の介入と言われています。おん父は、ピラトの妻の「夢」を通してイエス様のことを「正しい人」ということを伝えられたのではないでしょうか。ピラトは、何とかしてイエス様を救おうと「ほねをおります」が無駄に終わってしまいます。ここに人間が「何とかしよう」という“限界”があるような気がいたします。イエス様の裁判は、人間の妬みという“醜さ”と人間の力だけで何とかしようという“限界”が交差しているように感じます。

イエス様の「受難」は、まだまだ続きます。イエス様は、裁判の後に鞭で打たれます。イエス様は、肉体的にも精神的にも極限の苦しみを【受け入れられた】のです。さらに、ローマ兵たちに「なぶりも」にされま、十字架につけるために引き出されます。ローマ兵たちは、シモンというキレネ人にイエス様の十字架を無理に担わせました。イエス様は、ここでも、彼が担っている苦しみを“いつくしみの愛”をもって【受け入れられた】のではないでしょうか。

イエス様は、「これはユダヤ人の王イエスである」という罪状書を掲げられて、2人の強盗の挟まれる形で十字架につけられます。もしかしたら、ここにもイエス様への【受難】があるのではないでしょうか。王様の左右には、位として第1、第2の家臣がついています。ゼベダイの子らの母が自分の息子を「……あなたの国で、一人はあなたの右に、一人は、左に着くように、お言葉をください」(マタイ20・21)と願う場面があります。イエス様は、「ユダヤ人の王」として、「強盗」を家臣として左右において最期を遂げることになったのです。

さらに、追い討ちをかけるように、十字架の下にいる群衆からは、「……もし神の子なら、自分を救ってみろ。」と言われ、祭司長たちも律法学者や長老たちとともに「十字架から降りて見るがよい。そうすれば、われわれは信じてやろう。」と冒涜の言葉を受けます。イエス様は、何も言わずに黙って彼らの言葉を【受け入れられた】のです。そして、最期に「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と言われます。これは、詩編22章の冒頭の言葉です。この詩編は、イエス様の嘆きのように思われがちですが、最後に「わたしの魂は主のために生き、わたしの子孫は主に仕え、主のことを後の世代に伝えるでしょう。彼らは後から生まれて来る民に、主の正しさ、主の業を、告げるでしょう。」(詩編22・31〜32)という言葉で締めくくられています。イエス様は、詩編22の冒頭を言われることによって、ご自分の【受難】を【受け入れられた】のではないでしょうか。みことばの最後は、ローマ兵の百人隊長の「まことに、この人は神の子であった」という言葉で閉じられます。ユダヤ人たちではなく、異邦人であるローマ兵がイエス様を「メシア」として信じたのです。ここに「主の正しさ、主の業を、告げるでしょう。」というみ言葉が生きていると言ってもいいのではないでしょうか。

私たちは、イエス様の【受難】を通して、私たちが日常で受けている「苦しみ」「痛み」を振り返ることができるのではないでしょか。私たちは、ただ苦しみを【受ける】のではなくイエス様のように【受け入れる】ことができたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後79カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 先日、一人の方に「ベトナムの洗剤や食器を洗うもの」についての問い合わせを受けました。…
  3. 私は、以前しばらくの間修道院を一旦離れて、一般の会社で働いたことがあります。その時に頂いた初めての給…
  4. 初代教会は、聖ペトロと聖パウロのけんかによって発展したということを聞きました。ほんとうのところ、二人…
  5. ※本日予定しておりました、「加藤一二三 九段 トーク&サイン会」は、ご本人の体調不良のため、急き…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 【お見逃しなく!いつくしみのイエスに出会える絶好のチャンス☆】帰省やイベントなど、なにかと人に会う…
  2. マタイによる福音書(20・1−16)「天の国は次のことに似ている。ある家の主人がぶどう園…
  3. 聖トマス西と15殉教者は9月28日に祝われます。この祝日名は、日本の典礼暦に固有のもので、日本以外で…
  4. パウロは「女性司祭」について賛成ですか、反対ですか?大変ユニークで興味深いご質問ですが、難問です…
  5. 2017年2月20日、コンゴ人の修練者イヴェス・ジャン-レオン・ゼロ・カツィアラさんがコンゴのキンシ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »