マタイ受難曲 受難の主日(マタイ27・11~54)

四旬節の間にヨハン・セバスチアン・バッハ作の「マタイ受難曲」を聴いてみるのもよいものです。私も1958年に録音され、CDとなっているカール・リヒター指揮、ミュンヘン・バッハ管弦楽団の演奏を久しぶりに聴いてみました。この曲はマタイ福音書26章1節から27章66節までが演奏され、歌われています。二部構成になっていて、第一部は29曲、第二部は39曲からなり、全部聴くと約3時間半かかる大作です。その中でもとても印象に残ったのは、マタ26・69~75で、「ペトロがイエスのことを知らない」と否認する場面です。ペトロはまず最初に一人の女中に、二番目に他の女中に、三番目にそこにいた人々に対して三度にわたり「そんな人は知らない」と言い張ります。すぐに鶏が鳴き、イエスの言葉を思い出しながら、最後は「外に出て、激しく泣いて」(マタ26・75)いきます。興味深いことに、ペトロが「そんな人は知らない」という否認の仕方がだんだんエスカレートし、最後は暗闇のどん底に落とされるような音の描写です。

こうした情景のあと、今日の朗読箇所、つまり「ピラトからの尋問」「死刑の判決」「兵士からの侮辱」「十字架につけられる場面」「イエスの死」「埋葬」「哀悼」へと続いていきます。演奏を聴いて「おや」と思ったのは、イエスが死を前にして叫ぶ「エリ、エリ、レマ、サバクタニ(わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか)」(27・46)です。とてもゆったりとしたペースで歌われ、イエス自身の苦悩の叫びとともに、やがて復活の栄光に達する希望のようなものが感じられます。不思議に思いますが、ゆったりとしたメロディーの中に込められた苦悩と栄光。この後、カトリック聖歌集171番の「いばらのかむり」がゆったりとした合唱で歌われます。

受難の朗読を通して、イエスの苦しみとともに、復活の喜びや栄光を合わせて考えてみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ちょうど今の時期は夜明けが遅く、日没が早くなり、光のありがたさを特に感じる時期です。冬至も間近で、寒…
  2. ペトロアンデレの兄弟で、使徒たちのリーダーでした。ヨハネ福音書によると洗礼者ヨハネの弟子で、共観…
  3. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  4. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  5. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 少し前に『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』という映画を観ました。これは、最愛の娘を誘拐され殺…
  2. 2017年10月29日(日)、聖パウロ修道会若葉修道院(東京)でパウロ家族研修会(パウロ家族の集い)…
  3. 【懐かし写真館】聖パウロ修道会の懐かしい姿を写真でご紹介しています。今日は、日本に聖パウロ修道会…
  4. 私たちにとって身近な人の死は、とても悲しく辛いものです。しかし、たとえ肉体的には、見ることも、肌に触…
  5. 子どもの時の印象が強いためか、「二羽の雀」と聞くと、ついつい「庭の雀」を思い出してしまいます。しかも…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »