韓国での助祭叙階式

2017年3月11日の午後3時、聖パウロ修道会韓国地区のソウル修道院でブルーノ・カン・ベオングァン神学生の助祭叙階式が行われました。
司式はソウル大司教区のペトロ・チェン補佐司教。この叙階式には、パウロ家族の会員たちをはじめ、総顧問のサルード・パレーデス神父とダルレイ・ザノン修道士も参加しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/7/21

    万人司祭職
    「初代教会の信徒たちは全員が祭司だと考えていた」という指摘がありましたが、その根拠が知りたいです。…
  2. 東日本大震災後77カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 麦と毒麦、稲と稗。どちらも苗が小さい時には区別がつけにくいものですが、大きく成長してくるにつれて見分…
  4. 2017/7/19

    2. 生い立ち
    ヤコブ・アルベリオーネは、一八八四年(明治一七年)四月四日北イタリアはピエモンテ州クオネ県フォッナー…
  5. 私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. サンパウロより、新譜入荷のお知らせです。※輸入盤CDは、サンパウロの各センターおよびパウルスショ…
  2. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全6回 午前10:…
  3. 典礼暦の中には、通常の期間(年間主日・週日)のほかに、特別な季節が置かれています。年間主日・週日が、…
  4. ルカとルカ福音書について調べていますが、資料がなかなか見つかりません。ルカとはどういう人物でしょうか…
  5. 2017/4/15

    主の復活
    復活祭が来ます。私たちの信仰にとっていちばん大切な祭日です。この大切な復活祭、今年は皆さんにどんな恵…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »