もりのせいかたい

シスターになりたくて修道院にやってきたノビスは、失敗ばかりでうまくいきません。
そんなノビスがお祈りをするために森の教会に行ってみると、中から歌声が聞こえてきます。
それは聖歌隊をまねて歌うつもりの動物たちの声でした…。
みんなに幸せの歌がとどきますように!
女の子と、森の動物と、村人たちの心温まるクリスマスストーリー。

81eXYLK4SdL

絵・文:つるみゆき
サイズ:180mm×166mm
ページ数:28ページ
ISBN:978-4-8056-8606-5
発行:サイズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  2. 聖アンセルモ司教教会博士の記念日は、彼が帰天した日である4月21日です。アンセルモは、103…
  3. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  4. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…
  5. 「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)…

ピックアップ記事

  1. 2017年3月25日、スペインのビルバオの新しい書店が開設されました。開設にあたり、ラザロ・ガルシア…
  2. ラテラン教会、すなわちローマのラテランにあるヨハネ教会はローマ教区の司教座聖堂であり、すべての教会堂…
  3. 2016/12/28

    幼子殉教者
    教会は、主イエス・キリストの降誕を祝った3日後の12月28日に「幼子殉教者」を祝います。これは、マタ…
  4. サラゴサ教区の助祭ビンセンチオの生涯について、詳しいことは分かっていませんが、ローマ皇帝ディオクレチ…
  5. 教皇ヨハネ・パウロ2世は、1981年に来日し、被爆地の広島を訪れたときに、「平和アピール」を打ち出し…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »