もりのせいかたい

シスターになりたくて修道院にやってきたノビスは、失敗ばかりでうまくいきません。
そんなノビスがお祈りをするために森の教会に行ってみると、中から歌声が聞こえてきます。
それは聖歌隊をまねて歌うつもりの動物たちの声でした…。
みんなに幸せの歌がとどきますように!
女の子と、森の動物と、村人たちの心温まるクリスマスストーリー。

81eXYLK4SdL

絵・文:つるみゆき
サイズ:180mm×166mm
ページ数:28ページ
ISBN:978-4-8056-8606-5
発行:サイズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今回は、もしかすると日本ではあまり知られていない聖人、トゥリビオを取り上げたいと思います。聖トゥリビ…
  2. 2017年3月17日から3月25日まで、日本管区の訪問のため、イタリアから総顧問の二人が来日していま…
  3. 東日本大震災後73カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 2017/3/22

    聖水について
    教会の入り口にある聖水は、初代教会から置かれていたのでしょうか。聖水に指を浸して十字架のしるしをしま…
  5. 聖パウロ修道会史上初めての、ベトナム人の誓願者が誕生しました。2017年3月19日、東京の若葉修…

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災後70カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 3世紀のはじめ、おそらく203年3月7日、セプティミウス・セヴェルス帝の命令により、カルタゴで数名の…
  3. 今日の福音は、第一朗読(列上19章16b、19~21)と比較しながら味わうと興味深いものです。…
  4. 2016/11/19

    聖書週間
    日本の教会では、11月の第3日曜日から第4日曜日までを「聖書週間」と定めています。この期間、わたした…
  5. 教会は、聖アウグスチヌス司教教会博士を8月28日に祝います。北アフリカのヒッポの司教であり、偉大な司…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »