もりのせいかたい

シスターになりたくて修道院にやってきたノビスは、失敗ばかりでうまくいきません。
そんなノビスがお祈りをするために森の教会に行ってみると、中から歌声が聞こえてきます。
それは聖歌隊をまねて歌うつもりの動物たちの声でした…。
みんなに幸せの歌がとどきますように!
女の子と、森の動物と、村人たちの心温まるクリスマスストーリー。

81eXYLK4SdL

絵・文:つるみゆき
サイズ:180mm×166mm
ページ数:28ページ
ISBN:978-4-8056-8606-5
発行:サイズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 私の召命のきっかけは当時としては単純なことであった。今は亡き前田神父さんが自分の教会に募集に…
  2. 2016/12/21

    御像について
    カトリック教会に入るとイエス像、マリア像、聖人たちの像があります。これらの像について、カトリック教会…
  3. 突然何かと思われるかもしれませんが、私は子どものころ、時代劇に夢中になっていたことがあります。小学生…
  4. 2017/6/23

    聖母のみ心
    聖母のみ心の記念日は、1944年、第二次世界大戦が終わりへと向かう中、教皇ピオ12世が制定しました。…
  5. 2017年2月20日、コンゴ人の修練者イヴェス・ジャン-レオン・ゼロ・カツィアラさんがコンゴのキンシ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »