もりのせいかたい

シスターになりたくて修道院にやってきたノビスは、失敗ばかりでうまくいきません。
そんなノビスがお祈りをするために森の教会に行ってみると、中から歌声が聞こえてきます。
それは聖歌隊をまねて歌うつもりの動物たちの声でした…。
みんなに幸せの歌がとどきますように!
女の子と、森の動物と、村人たちの心温まるクリスマスストーリー。

81eXYLK4SdL

絵・文:つるみゆき
サイズ:180mm×166mm
ページ数:28ページ
ISBN:978-4-8056-8606-5
発行:サイズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
  2. サイゴン市内を歩いていると、バイクを運転しながらケータイ電話をかけている状況を目にしたりします。とて…
  3. 今日のみことばの中に「わたしはイスラエルの失われた羊のためにしか遣わされていない」(マタ15・24)…
  4. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  5. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年2月20日、コンゴ人の修練者イヴェス・ジャン-レオン・ゼロ・カツィアラさんがコンゴのキンシ…
  2. 初誓願の感想について書いてと言われました。パウロ会員になって誰よりも聖パウロのことをよく知ってい…
  3. 教会は、9月13日に聖ヨハネ・クリゾストモ司教教会博士を記念します。この聖人は、350年頃にアンティ…
  4. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
  5. 2017年6月19日~20日、「コイノニア―共同体の一致」というテーマのもと、フィリピンのマカティで…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »