もりのせいかたい

シスターになりたくて修道院にやってきたノビスは、失敗ばかりでうまくいきません。
そんなノビスがお祈りをするために森の教会に行ってみると、中から歌声が聞こえてきます。
それは聖歌隊をまねて歌うつもりの動物たちの声でした…。
みんなに幸せの歌がとどきますように!
女の子と、森の動物と、村人たちの心温まるクリスマスストーリー。

81eXYLK4SdL

絵・文:つるみゆき
サイズ:180mm×166mm
ページ数:28ページ
ISBN:978-4-8056-8606-5
発行:サイズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パウロは「女性司祭」について賛成ですか、反対ですか?大変ユニークで興味深いご質問ですが、難問です…
  2. 6月はみ心に捧げられています。サンパウロ東京店(4階)にてみこころフェアを開催いたします。関…
  3. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
  5. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. カトリック儀式書にのっとった結婚式の式次第を示し、それぞれの次第、式文に神父による説明を加え…
  2. 10月28日は聖シモンと聖ユダ使徒の祝日です。この「そよかぜカレンダー」では、すでに何人かの使徒たち…
  3. 「ある母親の一人息子が死んで運び出されるところであった。その母はやもめ」(ルカ7・12)ということば…
  4. 本書は、聖書の中から選ばれた74の物語が、親しみの持てるかわいらしいイラストともに、子どもたちにわか…
  5. キリスト教一致祈祷週間は、すべてのキリスト者、教会の一致を願って定められたもので、多くの国で伝統的に…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »