家庭の友 2017年5月号

1917年5月13日、聖母マリアがポルトガルのファティマにご出現なさって100年になります。今回は、ファティマでのご出現に関する特集を組んでみました。まずファティマでのご出現やメッセージについてヌーネス・ジョゼ・カルロス神父(聖パウロ修道会/ポルトガル在住)、聖母出現の神学的視点から光延一郎神父(イエズス会/上智大学神学部教授)、ファティマの出来事についてシスター岡立子さん(けがれなき聖母の騎士聖フランシスコ修道女会)が執筆してくださいました。
発行は4月10日ごろを予定しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代…
  2. 新約聖書の中には4つの福音書があります。その一つ、順番では2番目の福音書の作者とされているのが、今回…
  3. わたしたちの信仰生活を支える「秘跡」と「ミサ」について語られている本書は、「秘跡」が単なる儀式や形式…
  4. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  5. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…

ピックアップ記事

  1. 2017年3月25日、コンゴの聖パウロ修道会の聖堂にて、聖マリア・アンヌンチアータ会の二人のポストラ…
  2. 最近、水がおいしくなったなあと思います。以前、東京でも福岡でも、カルキの臭いが強かったのですが、今で…
  3. 今日の箇所は理解するのがとても難しい所です。すなわち、「あなた方は、わたしが地上に平和をもたらすため…
  4. 新約聖書の文書の並び順は、どのように決められたのでしょうか。年代順に並べればよかったのにと思うのです…
  5. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全3回 午前10:…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »