おいしい水 四旬節第3主日(ヨハネ4・5~42)

最近、水がおいしくなったなあと思います。以前、東京でも福岡でも、カルキの臭いが強かったのですが、今ではずいぶん緩和された感じがします。最近ではテレビでも「東京水」が宣伝されるほどです。

ガリラヤからエルサレムへ旅をする時、当時の人々はサマリアを通っていました。そこは旅の中継地点になります。しかし、ユダヤ人とサマリア人の間には昔から敵対心が生まれていました。お互いに口をきくようなことさえありませんでした。発端は旧約時代に遡ります。サマリア人は偶像崇拝者で、エルサレムに対抗してシケムに神殿を築き、ユダヤ教からの離教者と考えられていました。エルサレムに対して強い対抗意識を持ち、多くの恨み辛みがありました。またユダヤ教の人々はサマリア人を異邦人として軽蔑もしていました。お互いに敵対心を持ち、ユダヤ人はサマリア人を軽蔑する。そんな背景を頭に置きながら読むと分かりやすいかもしれません。

お互い仲が悪い中で、イエスがこのサマリアの女性に声をかけること事態が珍しいことです。場合によっては、イエス自身も周りから軽蔑される可能性さえありましたが、イエスはそのことを一向に気にしません。サマリアの女性に対する温かい思いがあるのでしょう。

またこのサマリアの女性は、5人の夫を持っていましたが、今のは夫ではないことを語ります。いわゆる内縁関係になっています。家庭の複雑さからも、女性には精神的な傷を負っていたのではないでしょうか。それでもイエスに声をかけていく。そこには救いを求めているこの女性の姿が見事に描かれています。

この水を通して、イエスは「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし私が与える水を飲む者は、決して渇かない」と語ります。サマリアの女性には魔法の水、都合のよい水に映ったことでしょう。

キリストとの出会いが深い信仰へと導くことを教えてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. イエスは、「行きなさい。今、わたしがあなた方を遣わすのは、小羊を狼の中に送り込むようなものである」(…
  2. とまにちわ!6月30日は「使徒パウロ」の祝日。パウロ家族固有の祝日です。今年も、若葉…
  3. アルベリオーネ神父は、教会の信者の司牧を重要視し、三つの小教区で、特に牧職を実行し、ほかの多くの小教…
  4. 私たちの中には、善を行おうとする心と、悪を行おうとする心の2つの心があるのではないでしょうか。どちら…
  5. 2017年8月3日~5日、韓国のソウル修道院において韓国地区全会員(終生誓願者26名、有期誓願者2名…
PAGE TOP
Translate »