イエス・キリストを思い起こしてください 現代の信仰問答への応答として

この本はローマ教皇ベネディクト16世の臨席のもとに、教皇公邸(教皇庁に勤めている枢機卿も黙想会に参加した)にて、2005年の待降節と2006年の四旬節に行われた黙想会の説教集です。
黙想会に共通した主題は、現代におけるキリストに対する信仰についてであり、二つの異なる視点から考察されています。第1部の待降節はキリストを告げ知らせることに重点が置かれています。第2部の四旬節はキリストに倣うこと、特にキリストのご受難に倣うことを重視しています。

著者:ラニエロ・カンタラメッサ
監訳:小平正寿、パウロ・ヤノチンスキー
訳者:金子知香、高木利彦
価格:2,000円+税
判型:B6判並製
ページ数:224ページ
ISBN:978-4-8056-0479-3
発行:サンパウロ
※2017年3月1日発売予定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 【ロザリオの秋、お気に入りのロザリオを見つけに行きませんか?】過ごしやすい気候で何をするにも楽しい…
  2. アジア大陸の保護の聖人であると同時に、福音宣教の保護の聖人である聖フランシスコ・ザビエルは、1549…
  3. 2017年4月2日、聖パウロ協力者会が創立されて100周年を記念に、コンゴでパウロ家族の集いがキンシ…
  4. 2016/9/15

    悲しみの聖母
    「悲しみの聖母」の記念日は、9月15日です。元来、この祝日は、十字架上のイエスと苦しみ・悲しみをとも…
  5. 聖書の中には、たくさんの回心の場面が登場します。その中でも「ルカによる福音書」を振り返ってみると、レ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »