家庭の友 2017年4月号

本誌の2016年4月号と7月号で「カトリック学校の使命と精神」と題して特集を組みましたが、今月号はその第3弾です。変化の激しい時代の中で、カトリックの普遍的なもの、人生にとって大切なものをどのように語り、継承しているかを、鹿児島純心女子中学校・高等学校のシスター久松久美子さん、福岡海星女子学院高等学校の佐藤一則先生、聖カタリナ学園高等学校の芳野敬三先生、湘南白百合学園中学校・高等学校のシスター谷口貞女さん、聖パウロ学園高等学校の佐々木吉勝先生に書いていただきました。発行は3月10日頃を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ちょうど今の時期は夜明けが遅く、日没が早くなり、光のありがたさを特に感じる時期です。冬至も間近で、寒…
  2. ペトロアンデレの兄弟で、使徒たちのリーダーでした。ヨハネ福音書によると洗礼者ヨハネの弟子で、共観…
  3. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  4. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  5. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 今日の第一朗読の中で、「彼は悔い改めて、自分の行ったすべての背きから離れたのだから、必ず生きる。死ぬ…
  2. 江戸時代に国外追放されたキリシタン大名・高山右近(1552〜1615年)をキリスト教カトリックの「福…
  3. 六年前くらいのことですがM修道士と暇を見つけては、某修道院の庭で野菜を作っていました。ちょっとした気…
  4. 2017年7月10日~28日、メキシコで「福音化のためのコミュニケーション」と題してサマーコースが開…
  5. 今日の復活節第2主日は、「神のいつくしみの主日」とも言われます。ヨハネ・パウロ二世が教皇であった時に…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »