家庭の友 2017年4月号

本誌の2016年4月号と7月号で「カトリック学校の使命と精神」と題して特集を組みましたが、今月号はその第3弾です。変化の激しい時代の中で、カトリックの普遍的なもの、人生にとって大切なものをどのように語り、継承しているかを、鹿児島純心女子中学校・高等学校のシスター久松久美子さん、福岡海星女子学院高等学校の佐藤一則先生、聖カタリナ学園高等学校の芳野敬三先生、湘南白百合学園中学校・高等学校のシスター谷口貞女さん、聖パウロ学園高等学校の佐々木吉勝先生に書いていただきました。発行は3月10日頃を予定しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  2. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  3. 聖アンセルモ司教教会博士の記念日は、彼が帰天した日である4月21日です。アンセルモは、103…
  4. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  5. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…

ピックアップ記事

  1. 聖書は神が書かれた書物だと言われますが、これは信仰箇条のように信ずべき事柄なのでしょうか? と言うの…
  2. 2017年2月8日、ベネズエラ地区の地区集会が始まり、総長ヴァルディル・ホゼ・デ・カストロ神父が同席…
  3. 人にはそれぞれ名前がついていますが、親にとってはその子どもの将来を考えて名前を付けたことでしょう。私…
  4. パウロは、結婚を否定はしていないものの、結婚に関して、とても消極的な発言をしていると聞いています。本…
  5. 聖パウロ協力者会・九州地方区の会報誌「きずな」(No.69)をご紹介いたします!神父や会員のコラ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »