家庭の友 2017年4月号

本誌の2016年4月号と7月号で「カトリック学校の使命と精神」と題して特集を組みましたが、今月号はその第3弾です。変化の激しい時代の中で、カトリックの普遍的なもの、人生にとって大切なものをどのように語り、継承しているかを、鹿児島純心女子中学校・高等学校のシスター久松久美子さん、福岡海星女子学院高等学校の佐藤一則先生、聖カタリナ学園高等学校の芳野敬三先生、湘南白百合学園中学校・高等学校のシスター谷口貞女さん、聖パウロ学園高等学校の佐々木吉勝先生に書いていただきました。発行は3月10日頃を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 聖パウロ修道会の創立記念日とパウロ家族の誕生日である、本日8月20日、聖パウロ修道会総長のヴァルディ…
  2. 2017/1/6

    主の公現
    「主の公現」の祭日は「公に現す」という字からも分かるとおり、この日は神の御子イエス・キリストが人とな…
  3. 今日の箇所のタイトルは「放蕩息子」と付けられたりしますが、実際には「お父さんのいつくしみ」「お父さん…
  4. とまにちわ!ゆるしの秘跡は、カトリック教会の秘跡の一つで、回心と和解の秘跡と言われています。…
  5. 司祭になって三十二年になりますが、時が経つのも早いものです。叙階から三十年を超えるとそろそろ古株の域…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »