家庭の友 2017年4月号

本誌の2016年4月号と7月号で「カトリック学校の使命と精神」と題して特集を組みましたが、今月号はその第3弾です。変化の激しい時代の中で、カトリックの普遍的なもの、人生にとって大切なものをどのように語り、継承しているかを、鹿児島純心女子中学校・高等学校のシスター久松久美子さん、福岡海星女子学院高等学校の佐藤一則先生、聖カタリナ学園高等学校の芳野敬三先生、湘南白百合学園中学校・高等学校のシスター谷口貞女さん、聖パウロ学園高等学校の佐々木吉勝先生に書いていただきました。発行は3月10日頃を予定しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
  3. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
  4. 最近はインターネット、ケータイなど、コミュニケーションの手段がとても発達しました。多数の人とのコミュ…
  5. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 私たちは、どのような時におん父から恵みをいただいたかということが分かるでしょうか。おん父は、私たちが…
  2. 今回は、もしかすると日本ではあまり知られていない聖人、トゥリビオを取り上げたいと思います。聖トゥリビ…
  3. ペトロは結婚していましたが、イエス様もパウロも独身でした。このことは、カトリック司祭が独身であること…
  4. クリスマスを祝って2日後の12月27日に、教会は「聖ヨハネ使徒福音記者」を祝います。このヨハネは12…
  5. 今日の箇所は憐れみの三つのたとえがあり、最初は「見失った羊」、次に「なくした銀貨」、最後に有名な「放…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »