CAP-ESW会議最終報告(インド・ムンバイより)

日本、韓国、フィリピン、インド、オーストラリア、米国の6か国の管区長、地区長、使徒職責任者、編集責任者、28人が集って行われた会議が終了し、私たち3人は無事帰国しました。

今回の会議のテーマは下記のとおりでした。

人々に向かうパウロ的ミッション
Pauline mission towards the masses

会議では、日本におけるカトリックは人口の0.4%にも及ばないこと、私たちの使徒職は99%の人たちに向かうのが本来の方向性であること、しかし、私たちは99%の人たちがどんな痛みを持ち、どんな苦しみに直面し、何についての福音を求めているのかわからないこと、相手のことがわからなければ適切なコミュニケーションは不可能であり、宣教もできないないことなどが報告されました。

これを踏まえて、「決議文書」には、日本の今後の努力目標が挙げられています。それは一言で言って、自分たちだけで考えのでなく、「自分たちの力+スペシャリストの力」で、状況を分析し打開するという方法を選択するということです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
  3. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
  4. 最近はインターネット、ケータイなど、コミュニケーションの手段がとても発達しました。多数の人とのコミュ…
  5. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 初誓願の感想について書いてと言われました。パウロ会員になって誰よりも聖パウロのことをよく知ってい…
  2. 【2016年度 サンパウロ夏期休業日のお知らせ】平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます…
  3. 現代に生きる私たちは、日常生活の中でさまざまなストレスを受けています。それは、体と心に何らかの影響を…
  4. 2017/4/15

    主の復活
    復活祭が来ます。私たちの信仰にとっていちばん大切な祭日です。この大切な復活祭、今年は皆さんにどんな恵…
  5. 2016/12/21

    御像について
    カトリック教会に入るとイエス像、マリア像、聖人たちの像があります。これらの像について、カトリック教会…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »