FAPCOMでの会合

2018年2月15日から18日、ブラジルのサンパウロでFAPCOM(聖パウロ技術・コミュニケーション学院)の委員会が開催され、総長のヴァルディル・ホセ・デ・カストロ神父をはじめ、総顧問のダルレイ・ザノン修道士、FAPCOMの校長アントニオ・イライルド・アルヴェス・デ・ブリット神父などが参加しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今日(2月24日)は、サイゴン市内から車で4時間(距離にして200kmくらい)くらいのバオロックとい…
  2. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  3. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  4. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  5. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…

ピックアップ記事

  1. 私は、以前しばらくの間修道院を一旦離れて、一般の会社で働いたことがあります。その時に頂いた初めての給…
  2. 2017年10月7日より開催とお知らせしておりました、「ロザリオフェア」のイベントにつきまして…
  3. 一九一四年八月二十日、市場に近いピアッツア・ケラスカ(Piaxxa Cheasca)の借家で聖パウロ…
  4. 聖画マグネットがイタリアより入荷しました。信心用具として、また、ちょっとしたインテリアとしても幅…
  5. 子どもの時の印象が強いためか、「二羽の雀」と聞くと、ついつい「庭の雀」を思い出してしまいます。しかも…
PAGE TOP
Translate »