FAPCOMでの会合

2018年2月15日から18日、ブラジルのサンパウロでFAPCOM(聖パウロ技術・コミュニケーション学院)の委員会が開催され、総長のヴァルディル・ホセ・デ・カストロ神父をはじめ、総顧問のダルレイ・ザノン修道士、FAPCOMの校長アントニオ・イライルド・アルヴェス・デ・ブリット神父などが参加しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  2. 聖アンセルモ司教教会博士の記念日は、彼が帰天した日である4月21日です。アンセルモは、103…
  3. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  4. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…
  5. 「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)…

ピックアップ記事

  1. 世界広報の日の記念講演です。是非お出かけ下さい。世界広報の日カトリック教会は、第2バチカ…
  2. 召命体験について長い文章を書くほどのものを持ち合わせていません。召命のきっかけになったのは長崎から疎…
  3. 【信仰】とは、どのようなものなのでしょうか。マザー・テレサは、1964年休暇中ダージリンに向かう列車…
  4. 本誌の2016年4月号と7月号で「カトリック学校の使命と精神」と題して特集を組みましたが、今月号はそ…
  5. 2017年4月7日、師イエズス修道女会の総本部にてパウロ家族による総統治の養成担当者会議(第四回目)…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »