CAP-ESW会議第1日目(インド・ムンバイより)

インドの使徒職センター。この4階ホールで会議が開催されています。
2017年2月14日午前9時に会議が始まりました。

研修のテーマは「人々に向かうパウロ的ミッション Pauline mission towards the masses」です。
オープニングセレモニーのあと、午前中に2つ、午後に2つのセッションがありました。

オープニングセレモの一コマ。皆さんFSP(女子パウロ会)です。

内容は以下のとおりです。
(1)創立者のビジョンと思想を確認する
(2)その後の100年の歩みを振り返る
(3)コミュニケーション革命を生きる現代
(4)コミュニケーション革命に対する教会の姿勢

サンパウロ書店

すべて英語でなされるので、正確ことはわかりませんが印象に残ったことを拾ってみます。

・創立者は、最初「出版使徒職」という表現を使っていたが、最後には「社会的コミュニケーション使徒職」と言うようになった(知らなかった!)。

使徒職センター入り口

・アジア地区の宣教では日本は一番早かった(創立者は日本を重要視していた!)。
1934年 日本へ派遣
1935年 フィリピン・イドに派遣
1952年 オーストラリアに派遣
1960年 韓国に派遣

山盛りのタンドリーチキンに感激。

・現代のソーシャルネットワーキングの世界ってすごい!
今進行中のコミュニケーション革命をちゃんと勉強して、分析しているインドの会員がいる。コミュニケーション研究所(SPICE)を創立しただけのことはある。インドにずいぶん先を越されてる! と言っても、メディアはしょせん道具であって、コミュニケーションの原点は心と心です(忘れていた!)。

2017年2月14日
鈴木信一神父

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パウロは「女性司祭」について賛成ですか、反対ですか?大変ユニークで興味深いご質問ですが、難問です…
  2. 6月はみ心に捧げられています。サンパウロ東京店(4階)にてみこころフェアを開催いたします。関…
  3. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
  5. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. ベトナム語学校へ行く時には、いつもバスを使っています。午前6時40分近くに共同体を出…
  2. とまにちわ!ぼくたちの物語は始まったばかりだというのに、もう今年も終わっちゃうー!そ…
  3. ある日の、差し迫った用事もなかった午後、小金井市にある病院に一人の司祭を見舞いに行こうと車で出かけま…
  4. 2017/2/24

    超常識
    ずいぶん前のことになりますが、「独創性」ということで、米国のある大学の日本人教授が、ラジオのインタビ…
  5. 今日のみことばで「狭い門から入るように努めなさい」(ルカ13・24)とイエスは語ります。狭い門が救い…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »