CAP-ESW会議第1日目(インド・ムンバイより)

インドの使徒職センター。この4階ホールで会議が開催されています。
2017年2月14日午前9時に会議が始まりました。

研修のテーマは「人々に向かうパウロ的ミッション Pauline mission towards the masses」です。
オープニングセレモニーのあと、午前中に2つ、午後に2つのセッションがありました。

オープニングセレモの一コマ。皆さんFSP(女子パウロ会)です。

内容は以下のとおりです。
(1)創立者のビジョンと思想を確認する
(2)その後の100年の歩みを振り返る
(3)コミュニケーション革命を生きる現代
(4)コミュニケーション革命に対する教会の姿勢

サンパウロ書店

すべて英語でなされるので、正確ことはわかりませんが印象に残ったことを拾ってみます。

・創立者は、最初「出版使徒職」という表現を使っていたが、最後には「社会的コミュニケーション使徒職」と言うようになった(知らなかった!)。

使徒職センター入り口

・アジア地区の宣教では日本は一番早かった(創立者は日本を重要視していた!)。
1934年 日本へ派遣
1935年 フィリピン・イドに派遣
1952年 オーストラリアに派遣
1960年 韓国に派遣

山盛りのタンドリーチキンに感激。

・現代のソーシャルネットワーキングの世界ってすごい!
今進行中のコミュニケーション革命をちゃんと勉強して、分析しているインドの会員がいる。コミュニケーション研究所(SPICE)を創立しただけのことはある。インドにずいぶん先を越されてる! と言っても、メディアはしょせん道具であって、コミュニケーションの原点は心と心です(忘れていた!)。

2017年2月14日
鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  2. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  3. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  4. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
  5. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 初めがあれば、終わりがあります。 教会の典礼では、今日から待降節に入り、典礼暦で言えば、まさ…
  2. 典礼暦の中には、月日の決まっている祝日と年によって月日の変わる祝日があります。前者はたとえば主の降誕…
  3. 日本語で「主の祈り」を唱えると「天におられるわたしたちの父よ」で始まります。最初のことばが、「天にお…
  4. 6月はみ心に捧げられています。サンパウロ東京店(4階)にてみこころフェアを開催いたします。関…
  5. 江戸時代に国外追放されたキリシタン大名・高山右近(1552〜1615年)をキリスト教カトリックの「福…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »