CAP-ESW会議第1日目(インド・ムンバイより)

インドの使徒職センター。この4階ホールで会議が開催されています。
2017年2月14日午前9時に会議が始まりました。

研修のテーマは「人々に向かうパウロ的ミッション Pauline mission towards the masses」です。
オープニングセレモニーのあと、午前中に2つ、午後に2つのセッションがありました。

オープニングセレモの一コマ。皆さんFSP(女子パウロ会)です。

内容は以下のとおりです。
(1)創立者のビジョンと思想を確認する
(2)その後の100年の歩みを振り返る
(3)コミュニケーション革命を生きる現代
(4)コミュニケーション革命に対する教会の姿勢

サンパウロ書店

すべて英語でなされるので、正確ことはわかりませんが印象に残ったことを拾ってみます。

・創立者は、最初「出版使徒職」という表現を使っていたが、最後には「社会的コミュニケーション使徒職」と言うようになった(知らなかった!)。

使徒職センター入り口

・アジア地区の宣教では日本は一番早かった(創立者は日本を重要視していた!)。
1934年 日本へ派遣
1935年 フィリピン・イドに派遣
1952年 オーストラリアに派遣
1960年 韓国に派遣

山盛りのタンドリーチキンに感激。

・現代のソーシャルネットワーキングの世界ってすごい!
今進行中のコミュニケーション革命をちゃんと勉強して、分析しているインドの会員がいる。コミュニケーション研究所(SPICE)を創立しただけのことはある。インドにずいぶん先を越されてる! と言っても、メディアはしょせん道具であって、コミュニケーションの原点は心と心です(忘れていた!)。

2017年2月14日
鈴木信一神父

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  2. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  3. 聖アンセルモ司教教会博士の記念日は、彼が帰天した日である4月21日です。アンセルモは、103…
  4. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  5. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…

ピックアップ記事

  1. 総長が選出されて2周年にあたり、副総長のヴィート・フラッキオッラ神父が出したメッセージの日本語訳をご…
  2. 聖ヒエロニモの記念日は9月30日です。ヒエロニモは、4世紀半ば(おそらく347年ごろ)、ダルマチアの…
  3. 教会での葬儀、納骨式、命日祭などで、献花に代えて焼香することが見られます(司祭の献香ではなく)。焼香…
  4. 三月十九日は聖ヨセフの祭日です。ヨセフは、イエス・キリストが人として生まれるにあたり、大切な役割を果…
  5. 聖ハインリッヒは、バイエルン公爵の息子として、973年(あるいは978年)5月6日にバイエルンで生ま…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »