アジア・オセアニア・英語圏グループの会議

2017年2月14日、インドのムンバイでアジア・オセアニア・英語圏グループの会議が始まり、インド、フィリピン、韓国、日本、アメリカ合衆国の六か国が参加しています。日本からは鈴木信一管区長、徳田隆仁修道士(サンパウロ総主事)、大山聖一修道士(主事)が参加しています。また副総長のセルソ神父も参加し、総長の手紙が朗読されました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 突然何かと思われるかもしれませんが、私は子どものころ、時代劇に夢中になっていたことがあります。小学生…
  2. 典礼暦上、二月十一日はルルドの聖母の記念日です。教皇ヨハネ・パウロ二世は数年前、この日を「世界病者の…
  3. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへのイースターメッセージをお届けします。ぜひご覧…
  4. 聖パウロ修道会では、下記のとおり、サンパウロの人事異動を行います。氏名新旧…
  5. ミサに参加すると、教会によって祭壇上のろうそくの本数が違ったりすることがあります。本数についての決ま…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »