アジア・オセアニア・英語圏グループの会議

2017年2月14日、インドのムンバイでアジア・オセアニア・英語圏グループの会議が始まり、インド、フィリピン、韓国、日本、アメリカ合衆国の六か国が参加しています。日本からは鈴木信一管区長、徳田隆仁修道士(サンパウロ総主事)、大山聖一修道士(主事)が参加しています。また副総長のセルソ神父も参加し、総長の手紙が朗読されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 毎年の10月4日、カトリック教会ではアッシジの聖フランシスコをお祝いいたします。聖フランシスコは、「…
  2. 2017年8月11日~13日、アルゼンチンのブエノスアイレスにあるフロリダ修道院で、アルゼンチン、チ…
  3. 2017年8月3日~5日、韓国のソウル修道院において韓国地区全会員(終生誓願者26名、有期誓願者2名…
  4. 2017年7月10日~28日、メキシコで「福音化のためのコミュニケーション」と題してサマーコースが開…
  5. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017/1/6

    主の公現
    「主の公現」の祭日は「公に現す」という字からも分かるとおり、この日は神の御子イエス・キリストが人とな…
  2. 1917年5月13日、聖母マリアがポルトガルのファティマにご出現なさって100年になります。今回は、…
  3. 新聞の記事内容がいつも正しいかというと、時々大きな間違いが生じたりもするものです。そういう場合、訂正…
  4. パウロはマリア様と出会ったことがあるのでしょうか。パウロは、マリア様について何か言っていますか。…
  5. 2016/9/1

    夏の思い出
    父が帰天したのは1988年8月7日で、つい最近その命日を迎えたが、あれからもう28年の歳月が流れた。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »