アジア・オセアニア・英語圏グループの会議

2017年2月14日、インドのムンバイでアジア・オセアニア・英語圏グループの会議が始まり、インド、フィリピン、韓国、日本、アメリカ合衆国の六か国が参加しています。日本からは鈴木信一管区長、徳田隆仁修道士(サンパウロ総主事)、大山聖一修道士(主事)が参加しています。また副総長のセルソ神父も参加し、総長の手紙が朗読されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年4月30日、コロンビアに聖パウロ修道会が設立されて70周年記念の機会に、アントニオ・マルチ…
  2. SIGNIS JAPANでは、教会とインターネットを考えるセミナーを下記の通り開催いたします。22回…
  3. 2017年8月11日~13日、アルゼンチンのブエノスアイレスにあるフロリダ修道院で、アルゼンチン、チ…
  4. 今日の福音は、第一朗読(列上19章16b、19~21)と比較しながら味わうと興味深いものです。…
  5. シスターになりたくて修道院にやってきたノビスは、失敗ばかりでうまくいきません。そんなノビスがお祈…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »