アジア・オセアニア・英語圏グループの会議

2017年2月14日、インドのムンバイでアジア・オセアニア・英語圏グループの会議が始まり、インド、フィリピン、韓国、日本、アメリカ合衆国の六か国が参加しています。日本からは鈴木信一管区長、徳田隆仁修道士(サンパウロ総主事)、大山聖一修道士(主事)が参加しています。また副総長のセルソ神父も参加し、総長の手紙が朗読されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 【サンパオリーノの公式オンラインショップが遂にオープン!】日本初となる修道院製品のセレクトショッ…
  2. 今回は、現代の聖人の一人、聖ピオ(ピエトレルチーナ)について記すことにします。「パードレ・ピオ」(イ…
  3. 「不正な管理人」というタイトルが付けられると、不正を公認しているかのように感じます。最近、舛添都知事…
  4. 聖ヒラリオ司教教会博士の記念日は、彼が亡くなった日と考えられている1月13日です。聖ヒラリオの生涯に…
  5. はざた雅子さんが奏でる北欧フィンランドの楽器カンテレ。その繊細で美しい音色が優しくしみわたります…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »