美しいものを信じて 兄弟を通して神様のもとへ

人はだれでも
心の奥底で
「美しいものを信じて」生きていきたいと
願ってはいないだろうか。

その願いが出会うとき・・・
私たちは神様の想いとひとつになっていく。

人々との関わりの中で、聖書を具体的に生きようとした人びとの日常生活体験が、フォコラーレ月刊誌『UNO』でたびたび紹介されてきました。本書は、そのような福音的愛の体験を一冊の本にまとめたものです。

編集・監修:フォコラーレ
判型:B6変形(115×175)
ページ数:168ページ
ISBN:978-4-8056-0811-1
発行:サンパウロ
※2017年2月27日発売予定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  2. カトリックの葬儀ミサ・告別式は、家庭でできないのでしょうか?キリスト教徒にとっての葬儀、その構造…
  3. 今日(4月1日)は学校も休みだったので、ホーチミン市内にあるチャータム教会を訪問してみました。…
  4. インターネット通販<パウルスショップ>の【世界宣教の日特集】は、もうチェックしましたか?10月の…
  5. 2017年3月11日の午後3時、聖パウロ修道会韓国地区のソウル修道院でブルーノ・カン・ベオングァン神…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »