美しいものを信じて 兄弟を通して神様のもとへ

人はだれでも
心の奥底で
「美しいものを信じて」生きていきたいと
願ってはいないだろうか。

その願いが出会うとき・・・
私たちは神様の想いとひとつになっていく。

人々との関わりの中で、聖書を具体的に生きようとした人びとの日常生活体験が、フォコラーレ月刊誌『UNO』でたびたび紹介されてきました。本書は、そのような福音的愛の体験を一冊の本にまとめたものです。

編集・監修:フォコラーレ
判型:B6変形(115×175)
ページ数:168ページ
ISBN:978-4-8056-0811-1
発行:サンパウロ
※2017年2月27日発売予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
  2. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全6回 午前10:…
  3. 裁判官と一人のやもめとでは、権力の大きな違いがあります。裁判などの場面に遭遇すれば、一人のやもめにと…
  4. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  5. 【懐かし写真館】今回の懐かし写真館は「前進」です。1955年から1957年の写真をご紹介いたします…
PAGE TOP
Translate »