インド・ムンバイより

インドのムンバイで2017年2月14日(火)~17日(金)まで開催される、CTIA(総本部直属組織/聖パウロ修道会使徒職専門委員会)主催の使徒職研修会に参加するため、10日(金)の昼にムンバイ(ボンベイ)に到着しました。
旅の疲れが出のか、昼寝をしたら晩の6時まで寝てしまいました。

翌11日(土)朝5時30分に、車で3時間のプーネ(PUNE)に向けて出発。ここで勉強をしている有期誓願者たちに会うためです。この共同体の13人の有期誓願者のうち、3人は神学科、10人は哲学科の学生です。

昼食後、彼らとミーティングをしましたが、一人ひとりが、将来どんな使徒職に就きたいかを話してくれました。アニメ、編集、オーディ、PCグラフィックス、デザイン、ウエブサイト、養成など、その多様性を羨ましいと思いました。執筆家をめざす若者が3人もいたのには驚かされました。また、インドの北東地域出身の学生たちはインド人と言うより日本人に近い感じがしました。

「日本の教会はどんな状況ですか?」
「どうして日本の教会には召命がないのですか?」
などと質問されました。

ミーティングのあと、近くの神学校を訪問しました。この神学校がこの地域の中心で、周りには20を超える修道会や宣教会の修道院が建っています。パウロ会の共同体もその一つで、神学校まで徒歩で5分ほどのところにあります。それぞの修道会は、神学校に自分たちの若者を通わせています。神学校は教皇庁立ですが、その運営はイエズス会に委託されていて、約800人の学生がいるとのことです。この神学校は非常に有名かつ重要で、ヨハネ・パウロ二世やマザー・テレサも訪問しています。

明日中に、会議参加する28人全員がそろう予定です。

以上、ムンバイより。

2017年2月12日
鈴木信一

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. マリアとヨセフはイエスを主に献げるため、エルサレムへ連れていきます。「主の律法に言われているとおりに…
  2. 「一極集中」という言葉があります。大都市に人々が集まっていく現象を形容したりします。日本だと東京や大…
  3. 先日、一人の方に「ベトナムの洗剤や食器を洗うもの」についての問い合わせを受けました。…
  4. 塩と光にはどんな意味が込められているのでしょうか。「塩」は調味や防腐に用いられ、人間の生活のために重…
  5. 私とパウロ会との出会い、それは、私の兄、姉が聖パウロ会、女子パウロ会に入っていたこともあり、その関わ…
PAGE TOP
Translate »