愚か者 年間第6主日(マタイ5・17~37)

東京で「バカ」、関西で「アホとちゃうねん」と言われてもそんなに頭にこないのでしょうが、逆に東京で「お前アホか」、関西で「お前はバカか」と言われると、とても頭にくるようです。同じ言葉でも地域によって感じ方が違います。

あるお父さんが子供に対して口癖のように「バカ」、「バカ」と言っていたら、子どもが「お父さん、僕に対してそんなに『バカ』、『バカ』と言われると、僕はほんとうにバカになるよ」と答えたそうです。

今日の言葉で「兄弟に『ばか』(ラカ)と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』(モロス)という者は、火の地獄に投げ込まれる」とあります。それに対して、フランシスコ会訳は「兄弟に『愚か者』(ラカ)と言う者は、衆議会に引き渡され、『ばか者』(モロス)と言う者は、火の地獄に投げ込まれる」とあります。両者には同じ語ではあっても、訳が違っています。本来はどんな意味かを原文のギリシア語で調べてみると、「ラカ」は「頭がからっぽ」、「モロス」は「愚かな」「間抜けな」「馬鹿げた」といった意味を持っています。これらのことから、「ラカ」「モロス」に含まれている「バカ」や「愚か者」の意味が分かるのではないでしょうか。

また「ばか者」(ラカ)とは、ユダヤ人の間では、神を敬わない者の意味に用いられていました。「愚か者」という場合には、みことばの中にも出てくるように、火の地獄に投げ込まれると言います。つまり、重い刑罰を受けることです。いずれにせよ、とても軽蔑的な表現ではあるので、私たちはこれらの言葉をかけられたくないし、かけないようにしたいものです。しかも相手が「兄弟」であるので、いくら身近な人とはいえ、尊敬すべきでしょう。「親しき中にも礼儀有り」という言葉があるように…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  2. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  3. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  4. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  5. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 実家では神学生ということで、窓から聖マルチノ教会の見える二階の小さな部屋をもらい、勉強、読書、信心業…
  2. 聖ベルナルドの記念日は、8月20日です。ベルナルドは、1091年に、フランスのブルゴーニュ地方にある…
  3. 東日本大震災後71カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 2017年7月27日から8月1日まで、ある修道会の年の黙想の指導を頼まれて、ベネディクト会(女子)の…
  5. とまにちわ!手元にあった一万円札。なんか雰囲気違うなーっと思って、よくよく見たら、ま…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »