愚か者 年間第6主日(マタイ5・17~37)

東京で「バカ」、関西で「アホとちゃうねん」と言われてもそんなに頭にこないのでしょうが、逆に東京で「お前アホか」、関西で「お前はバカか」と言われると、とても頭にくるようです。同じ言葉でも地域によって感じ方が違います。

あるお父さんが子供に対して口癖のように「バカ」、「バカ」と言っていたら、子どもが「お父さん、僕に対してそんなに『バカ』、『バカ』と言われると、僕はほんとうにバカになるよ」と答えたそうです。

今日の言葉で「兄弟に『ばか』(ラカ)と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』(モロス)という者は、火の地獄に投げ込まれる」とあります。それに対して、フランシスコ会訳は「兄弟に『愚か者』(ラカ)と言う者は、衆議会に引き渡され、『ばか者』(モロス)と言う者は、火の地獄に投げ込まれる」とあります。両者には同じ語ではあっても、訳が違っています。本来はどんな意味かを原文のギリシア語で調べてみると、「ラカ」は「頭がからっぽ」、「モロス」は「愚かな」「間抜けな」「馬鹿げた」といった意味を持っています。これらのことから、「ラカ」「モロス」に含まれている「バカ」や「愚か者」の意味が分かるのではないでしょうか。

また「ばか者」(ラカ)とは、ユダヤ人の間では、神を敬わない者の意味に用いられていました。「愚か者」という場合には、みことばの中にも出てくるように、火の地獄に投げ込まれると言います。つまり、重い刑罰を受けることです。いずれにせよ、とても軽蔑的な表現ではあるので、私たちはこれらの言葉をかけられたくないし、かけないようにしたいものです。しかも相手が「兄弟」であるので、いくら身近な人とはいえ、尊敬すべきでしょう。「親しき中にも礼儀有り」という言葉があるように…。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
  3. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
  4. 最近はインターネット、ケータイなど、コミュニケーションの手段がとても発達しました。多数の人とのコミュ…
  5. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災後69カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 突然何かと思われるかもしれませんが、私は子どものころ、時代劇に夢中になっていたことがあります。小学生…
  3. 最近、水がおいしくなったなあと思います。以前、東京でも福岡でも、カルキの臭いが強かったのですが、今で…
  4. 聖ベネディクトは、修道生活の会則を記し、西方キリスト教世界における修道生活に決定的な影響を与えたこと…
  5. 「小さな親切、大きなお世話」という言葉があります。「本人は善かれと思って相手したことが、相手にとって…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »