「地の塩」「世の光」という種 年間第5主日(マタイ5・13〜16)

料理をする時に、塩は欠かせないと言ってもいいでしょう。ちょっと塩を足すことで、味が変わってきますし、素材の旨味を引き出すこともできます。逆に塩を入れすぎると、せっかくの料理が食べられなくなることもあります。塩加減は、料理を作る時の大きなポイントになるのではないでしょうか。

きょうのみことばは、『山上の説教』の中でイエス様が人々に、「あなた方は、『地の塩である。世の光である。』と言われる場面です。イエス様の周りに集まった人々は、貧しく、人々から蔑まれ疎んじられている人たちでした。彼らは、イエス様から癒され、今まで聴いたことがない教えを聴き、もっとイエス様の側にいたいという人々だったのです。きょうの箇所の前でイエス様は、「自分の貧しさを知る人は幸いである。」と語られたところでした。人々は、このイエス様の話に引き込まれ、イエス様に耳を傾けて行ったことでしょう。イエス様は、そのような彼らに対して「あなた方は地の塩である。」と言われます。この言葉は、彼らの心の中にどのように響いたのでしょうか。

塩は、味付けだけではなく、肉や魚などを保存や、腐敗を防ぐためにも使われます。また、「塩(sal)」は、ローマ兵たちの給料としても使われていたようです。人々は、自分たちがそんなに貴重な「塩である。」と言われます。この箇所で注目したいところでイエス様は、「あなた方は、塩になりなさい。」と言ってはいません。このことは、私たち一人ひとりは、もうすでに【塩】としての恵みを頂いている、ということなのです。イエス様は、「もし塩がその持ち味を失ったなら、どうやってそれを取り戻すことができるだろうか。」と言われています。私たちは、生まれたときからおん父から「塩」としての【持ち味】を頂いているのです。それは、性格や能力や才能、個性など、その人にしかないものと言ってもいいでしょう。イエス様は、人々に「あなた方は、おん父から頂いている『塩としての持ち味を生かしてください』」と教えているのではないでしょうか。パウロは、アテネで宣教する際、彼らに福音を伝えようとありとあらゆる知恵と雄弁さを使いました。しかし、アテネの人々には、パウロの言葉が伝わらなかったのです。彼は、落ち込んだ状態でコリントに行きます。パウロは手紙の中で「……わたしの言葉も宣教も、説得力のある知恵に溢れた雄弁によるものではなく、神の霊と力を示す証明によるものでした。それは、あなた方の信仰が人間の知恵ではなく、神の力に基づくものとなるためでした。」と伝えています。たぶん、パウロは、本当に大切なものは、人間的な知恵や雄弁さではなく、「神様の霊、恵み」に信頼することを悟ったのではないでしょうか。私たちは、自分の力に頼るのではなく、神様から頂いている【塩の恵み】を精一杯使うことができたらいいですね。

イエス様は、続けて「あなた方は世の光である。」と言われます。このことも、「地の塩である。」と同じように、おん父から頂いている恵みと言ってもいいでしょう。光は、部屋を明るくし、暗闇の中にポッと照らす灯りは、光の明るさだけではなく、気持も明るくするのではないでしょうか。また、光は、「希望」という意味にもとることができます。イエス様のところに集まった人たちは、いろいろな問題を抱えていた人々です。彼らにとって、「あなた方は世の光である」ということばは、「希望」という言葉すら失っていた彼らにとって、改めて「私たち自身が、光であり希望なのだ。こんな弱いく貧しい私たちも何か役に立つことがあるのだ」という気持がわいて来たのではないでしょうか。

イエス様は、「……こうすれば、家にいるすべての人々のために輝く。このように、あなた方の光を人々の前に輝かしなさい」と言われます。イエス様が言われる、「家にいるすべての人のために輝く」というのは、自分の家族のためだけではなく、私たちが関わっている【すべて】という意味ではないでしょうか。私たちは、「光」という恵みを人々に伝えるという使命を頂いていると言ってもいいでしょう。では、どのようなことをすればいいのでしょう。イザヤは、「飢える人にお前のパンを分ち与え、家のない貧しい人々に宿を与え、裸を見れば、着物を着せ、お前の同胞に対して見て見ぬ振りをしないこと。」(イザヤ58・7)と伝えています。私たちは、光として特別なことをしなければというのではなく、当たり前の「善い行い」をするだけでいいのではないでしょうか。

「地の塩」も「世の光」も決して自分のためになるものではありません。どちらかと言うと、人々のため、人々の幸せ、平安のために奉仕する役割と言ってもいいでしょう。言い換えれば、私たち一人ひとりに与えられた【召命】なのかもしれません。私たちは、おん父から頂いた【召命】の恵みを生かしていけたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  2. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  3. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  4. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
  5. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 初代教会は、聖ペトロと聖パウロのけんかによって発展したということを聞きました。ほんとうのところ、二人…
  2. 「一年の計は元旦にあり」ということわざがあります。これは、物事を始めるにあたっては、最初にしっかりと…
  3. 以前、ミサの説教の中で「私たちは、ミサに与る前に、それぞれホスチアをチボリウムに入れます。そして、聖…
  4. 2017/2/28

    四旬節
    四旬節とはどのような期間かと問われれば、まず第一に洗礼志願者の直前の準備期間であるということ、そして…
  5. 今回は、1月17日に祝われる聖アントニオ(エジプトの)修道院長を取り上げたいと思います。「聖アントニ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »