ポルトガル-アンゴラ地区の地区長

総長ヴァルディール・ホセ・デ・カストロ神父は、2017年1月18日、ポルトガル-アンゴラの地区長として、マノエル・コンセイサオ・クィンタ神父を任命しました。マノエル神父は1951年8月25日にブラジルのサンパウロに生まれ、現在65歳。1964年1月、聖パウロ修道会に入会し、1974年2月11日に初誓願を宣立、1980年5月1日に終生誓願を宣立、1980年7月2日に教皇ヨハネ・パウロ二世によってリオ・デ・ジャネイロで司祭に叙階されています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今回は、もしかすると日本ではあまり知られていない聖人、トゥリビオを取り上げたいと思います。聖トゥリビ…
  2. 2017年3月17日から3月25日まで、日本管区の訪問のため、イタリアから総顧問の二人が来日していま…
  3. 東日本大震災後73カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 2017/3/22

    聖水について
    教会の入り口にある聖水は、初代教会から置かれていたのでしょうか。聖水に指を浸して十字架のしるしをしま…
  5. 聖パウロ修道会史上初めての、ベトナム人の誓願者が誕生しました。2017年3月19日、東京の若葉修…

ピックアップ記事

  1. 突然何かと思われるかもしれませんが、私は子どものころ、時代劇に夢中になっていたことがあります。小学生…
  2. 2016/12/1

    待降節
    今年も一年が終わろうとしています。しかし、「典礼暦」の上では、すでに新しい一年が始まっています。典礼…
  3. 【優しい歌声を通してマザー・テレサの魅力を味わう♪】本日はサンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー…
  4. 日本にはたくさんの観想修道院がありますが、どのような生活をしているのか、どんな活動をしているのか、よ…
  5. 待降節第三主日や四旬節第4主日は、バラの主日とも呼ばれ、祈願や朗読では伝統的に喜びのメッセージが語ら…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »