ポルトガル-アンゴラ地区の地区長

総長ヴァルディール・ホセ・デ・カストロ神父は、2017年1月18日、ポルトガル-アンゴラの地区長として、マノエル・コンセイサオ・クィンタ神父を任命しました。マノエル神父は1951年8月25日にブラジルのサンパウロに生まれ、現在65歳。1964年1月、聖パウロ修道会に入会し、1974年2月11日に初誓願を宣立、1980年5月1日に終生誓願を宣立、1980年7月2日に教皇ヨハネ・パウロ二世によってリオ・デ・ジャネイロで司祭に叙階されています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 料理をする時に、塩は欠かせないと言ってもいいでしょう。ちょっと塩を足すことで、味が変わってきますし、…
  2. 神のしもべ、尊者、福者、聖人の段階がありますが、これらはいつごろ、どのようにして決まったのですか?…
  3. あれから5年—。メディアは、どれほどの情報を人々に発信してきたか。時に人々は取材される側になり、微妙…
  4. 2017年4月8日、ブラジルのサンパウロにあるFAPCOM(パウルス・テクノロジーとコミュニケーショ…
  5. 教会は、10月19日に、聖ヨハネ・ブレブーフ、聖イザーク・ジョーグを含む8人の殉教者を記念します。彼…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »