インドで二名の修道士の終生誓願式

2017年1月25日、インドの聖パウロ修道会の修道院において、アニール・クマール・パサラ修道士とティジョ・アンソニー・プヴァトゥムティル修道士の二名が終生誓願を宣立しました。司式はインド管区の管区長マイケル・ラージュ神父。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 教会での葬儀、納骨式、命日祭などで、献花に代えて焼香することが見られます(司祭の献香ではなく)。焼香…
  2. 情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代…
  3. 今日のみことばの背景は、ファリサイ派の人々や律法学者たちが、「この人(イエス)は罪人たちを受け入れて…
  4. それぞれの聖人たちの祝日は、何をもとに何月何日と決められているのですか。また何の守護の聖人というのは…
  5. 【真夏のメダイはこれで決まり!】海に山に、花火大会にお祭りとお出かけが増える季節。暑さを吹き飛ばす…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »