2017年2月7日は高山右近の列福式です(大阪修道院便り)

2017年2月7日は「高山右近の列福式」です。昨年の秋は「うーこんどの」が大阪を中心に出没しました。バザー、講演会、教会行事などに顔を出して「高山右近列福記念」を盛り上げていました。列福式の会場は約1万人が入れる「大阪城ホール」で行います。寒い時期なので冷たい雨風は防げるので助かります。

関西には高山右近のゆかりの地があります。関西地区協力者会を軸に高槻、玉造教会、金沢、小豆島などの巡礼を行い、より深く右近の生涯や信仰生活を研究しているように思います。

ところで、会場の大阪城ホールの近くに「大阪城」があります。さて「大阪城は誰が築いたのでしょうか?」 「豊臣秀吉?」 実は「大坂夏の陣」で城が焼け落ちた後、徳川幕府によって築かれたものです。地元の大阪ではこの歴史事実を認めたくないので、分かっていても「秀吉が築いた」といいはる人たちがいます。

また、大阪城公園のすぐ近くに大阪大司教区カテドラル玉造教会があります。この聖堂の入口や聖堂内には「高山右近」「細川ガラシャ」の像や絵が置かれています。大阪教区がどれだけ高山右近に力を入れているかが伺えます。

(文:小川孝志修道士)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017/4/8

    受難の主日
    受難の主日から聖週間が始まります。フィリピ2章6〜11節は受難の主日のミサの第二朗読で読まれるだけで…
  2. 復活節も後半になり、来週は「主の昇天」をお祝いします。イエスが昇天するということは、弟子たちとの別れ…
  3. 2017/2/28

    四旬節
    四旬節とはどのような期間かと問われれば、まず第一に洗礼志願者の直前の準備期間であるということ、そして…
  4. 福音朗読箇所 マタイ22:23~33死について考えるのは、生きている人間である。…
  5. 聖パトリック司教の記念日は3月17日。日本の教会の典礼暦では、長崎の信徒発見記念日と同じ日にあたりま…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »