山上の説教 年間第4主日(マタイ5・1~12a)

山上の説教が行われた教会からガリラヤ湖を望むと、緑に囲まれ、なだらかな風景に雄大さを感じます。イエスもこの山(実際には岡のような感じ)に登り、美しいガリラヤ湖を見ながら大勢の群衆を前に「心の貧しい人々は幸いである」と、とても張りのある大きな声で語りかけたことでしょう。

今日の箇所の前半はとても有名で、心に響いてきますが、後半もまた味があります。すなわち「わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである」(マタ5・11)と。これらの中で「身に覚えのないこと」は、ギリシア語で「プセウドマイ」が使われ、これは「ウソを語る」「偽り」といった意味があります。

1934年12月に聖パウロ修道会のマルチェリーノ神父とベルテロ神父がイタリアから来日し、その後1937年1月にパガニーニ神父、1938年1月にはトラポリーニ修道士、同年9月にはボアノ神父、1939年11月にはキエザ神父が来日しました。王子教会で司牧に励むとともに、印刷所を構え、宣教に励んでいました。やがて1941年に太平洋戦争が勃発。日本はイタリアと日独伊軍事同盟を結んでいたので、イタリア人宣教師は好意的に扱われましたが、王子地区は軍需産業、軍施設が多く、外国人の姿は何かと疑惑の目をもって見られがちでした。事実、トラポリーニ修道士がスパイと間違えられて警察から取調べを受けることもありました。それは小学生の信じるに足りない告げ口によるもので、まさに「身に覚えのない」(プセウドマイ)ものでした。

イエスは、苦難に関連した事例のあとで語ります。「喜びなさい。大いに喜びなさい」(マタ5・12)と。ギリシア語で「喜びなさい」は「カイレイン」が使われ、標準的な喜びを意味します。一方、「大いに喜びなさい」は「アガッリアオー」が使われ、「歓喜する」「楽しむ」「小躍りする」の意味があり、人間の全存在で外に向かって喜びを発していく内容を意味します。これらの意味を考えてみると、私たちがどんなに辛いことに遭遇しても、それを喜びに変えていく秘訣が示されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今日(2月24日)は、サイゴン市内から車で4時間(距離にして200kmくらい)くらいのバオロックとい…
  2. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  3. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  4. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  5. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…

ピックアップ記事

  1. 「天の国は次のように喩えられる。ある王が王子のために結婚の披露宴を催した」(マタ22・2)という言葉…
  2. 聖パウロはコリントの教会に宛ててたくさんの手紙を書いたと聞きました。新約聖書にある『コリントの信徒へ…
  3. 教会は、聖バルナバを6月11日に記念します。バルナバは、使徒言行録の前半に登場します。キプロス島生ま…
  4. 10月18日に、私たちは聖ルカの祝日を祝います。聖ルカの生涯について、私たちが知っていることはあまり…
  5. 私たちは、聖堂や私たちの部屋や身近なところにある十字架のキリストを見て、この方が王とは感じないのでは…
PAGE TOP
Translate »