『乃笑の笑み』を出版した川嶋乃笑さんのトークイベントのお知らせ

川嶋乃笑さんは、「自由気ままでツンデレ」と周りから呼ばれる高校生。乃笑さんは、高校一年生のとき、ACEF(アジアキリスト教教育基金)のスタディーツアー(スタツア)に参加してはじめてバングラデシュに行きました。「一番行きたくなかった国」、バングラデシュに。
その場所で出会ったのは、「ペンを一本しか持っていなかったけど、「『使い切ったら先生が新しいのをくれるんだ』と嬉しそうに話してくれた子どもたち」。「マジ行きたくない」と思っていた乃笑さんの気持ちはいつしか「帰りたくない」に変わっていきました。
乃笑さんが、「一番行きたくなかった国」バングラデシュに行って、見たもの、感じたこと、帰ってきた今も心に残っていること、そして、今考えていること-。今年の9月末にバングラデシュでの経験について綴った著書『乃笑の笑み 一番行きたくなかった国バングラデシュ』を出版した川嶋乃笑さんからお話を伺います。要事前申込

<開催概要>
STUDY HALL Vol.8
行きたくなかった! 帰りたくなくなった!バングラデシュ
川嶋乃笑さんスタツアで経験したことと、その後の想い

日時:2017年2月25日(土) 17:00~18:30
会場:早稲田奉仕園内 日本キリスト教会館1階11号室
講師:川嶋乃笑さん(女子聖学院高等学校3年生) 井上儀子さん(ACEF)
定員:20名(状況に応じて定員を引き上げる場合もございます)
参加費:一般:500円 /学生・賛助会員:無料
※参加費は当日現金にて頂戴いたします。事前のお振込みは不要です。
申込締切:2016年2月24日(金)
申込方法・お問い合わせ:こちらからご確認ください。
http://www.hoshien.or.jp/program/manabiya/studyhall/vol8.html

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 2016/9/1

    夏の思い出
    父が帰天したのは1988年8月7日で、つい最近その命日を迎えたが、あれからもう28年の歳月が流れた。…
  2. 2016/10/23

    世界宣教の日
    教会は、典礼暦とは別に、一年の中でいくつかの特別な日を定めています。すでに見た世界病者の日(2月11…
  3. 2016/11/1

    諸聖人の祭日
    11月1日は、諸聖人の祭日です。聖人とは、キリストへの信仰をもってこの世の旅路を歩み通し、今は御父の…
  4. 2017/2/22

    FAPCOMでの会合
    2018年2月15日から18日、ブラジルのサンパウロでFAPCOM(聖パウロ技術・コミュニケーション…
  5. 今年の7月20日からベトナムのホーチミンに派遣され、7月25日からベトナム語学校に通っています。多く…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »