『乃笑の笑み』を出版した川嶋乃笑さんのトークイベントのお知らせ

川嶋乃笑さんは、「自由気ままでツンデレ」と周りから呼ばれる高校生。乃笑さんは、高校一年生のとき、ACEF(アジアキリスト教教育基金)のスタディーツアー(スタツア)に参加してはじめてバングラデシュに行きました。「一番行きたくなかった国」、バングラデシュに。
その場所で出会ったのは、「ペンを一本しか持っていなかったけど、「『使い切ったら先生が新しいのをくれるんだ』と嬉しそうに話してくれた子どもたち」。「マジ行きたくない」と思っていた乃笑さんの気持ちはいつしか「帰りたくない」に変わっていきました。
乃笑さんが、「一番行きたくなかった国」バングラデシュに行って、見たもの、感じたこと、帰ってきた今も心に残っていること、そして、今考えていること-。今年の9月末にバングラデシュでの経験について綴った著書『乃笑の笑み 一番行きたくなかった国バングラデシュ』を出版した川嶋乃笑さんからお話を伺います。要事前申込

<開催概要>
STUDY HALL Vol.8
行きたくなかった! 帰りたくなくなった!バングラデシュ
川嶋乃笑さんスタツアで経験したことと、その後の想い

日時:2017年2月25日(土) 17:00~18:30
会場:早稲田奉仕園内 日本キリスト教会館1階11号室
講師:川嶋乃笑さん(女子聖学院高等学校3年生) 井上儀子さん(ACEF)
定員:20名(状況に応じて定員を引き上げる場合もございます)
参加費:一般:500円 /学生・賛助会員:無料
※参加費は当日現金にて頂戴いたします。事前のお振込みは不要です。
申込締切:2016年2月24日(金)
申込方法・お問い合わせ:こちらからご確認ください。
http://www.hoshien.or.jp/program/manabiya/studyhall/vol8.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 時々引っ越すのもよいのかもしれません。私自身を振り返ってみると、これまでにもけっこう引っ越してきまし…
  2. 2017年11月1日から11月30日までの掲載記事トップ10をご紹介します。※森司教の動画は1週…
  3. とまにちわ!修道院の聖堂に、菊の花が飾られる季節になりました。今年はどうしたことか、菊が…
  4. 聖ヨサファト・クンチェヴィッチの記念日は11月12日です。彼は、1580年、現在ではウクライナにある…
  5. 「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »