闇から光へ 年間第3主日(マタイ4・12~23)

「一極集中」という言葉があります。大都市に人々が集まっていく現象を形容したりします。日本だと東京や大阪に集中したり、中国ではペキンやシャンハイに、フィリピンだとマニラに、イギリスだとロンドンに、アイルランドだとダブリンに、という具合です。

イエスの時代ではどうだったのでしょうか。多くの人々はエルサレムに集まり、生活する上でもとても便利だったことでしょう。ガリラヤは自然に恵まれ、人々も互いに協力し合うような雰囲気があったとしても、閑散としていました。多くの人々はガリラヤのことについて、「異邦人のガリラヤ」「暗闇に住む民」「死の陰の地に住む者」と表現しています。これらのことからも、当時の人々にとって、ガリラヤのイメージはとても暗く、人々が喜んで住むような場所ではなかったでしょう。

人々から見捨てられ、「暗闇」と形容された地で、また生活するにも不便な場所からイエスは宣教活動を開始します。一般常識を覆す出来事ではないでしょうか。宣教にあたり、イエスは「悔い改めよ。天の国は近づいた」と語ります。他の人に伝えるために、まず自分自身の回心を語ります。他人の回心を求めがちですが、まずは自分自身から…。それが闇から光への転換です。

パウロもダマスコ途上で回心します。それまではキリスト者たちを迫害する者でした。ダマスコ途上で光を受け、その後「サウロは地面から起き上がって、目を開けたが、何も見えなかった」(使徒9・8)と記されています。「サウロは三日間、目が見えず、食べも飲みもしなかった」と。パウロにとってこの時期は、まさに闇の世界にいたのではないでしょうか。やがてアナニアが「サウロの上に手を置き」(使徒9・17)、目が見えるようになり、元気を取り戻します。闇から光へ移った時でした。私たちにも暗闇の体験があるでしょう。でもいつかは光が差すことに希望を置きたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 【ベストセラーランキング】サンパウロ全店舗の売れ筋ランキングをご紹介します☆ご購入のご参考に…
  2. 7月22日はマグダラの聖マリアの記念日です。他の多くの聖人たちについてもそうですが、マグダラの聖マリ…
  3. 一か月以上も前のことですが、知り合いのシスターからの紹介で、東京都内にあるカトリック系の児童発達支援…
  4. 昨年の1月下旬から2月の中旬にかけて修道会総会が行われました。午前、午後と会議が続き、心身共にクタク…
  5. ことわざの中に「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。それは、学問や徳が深まるにつれて謙…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »