マリアとパウロについて――キリスト教知恵袋

パウロはマリア様と出会ったことがあるのでしょうか。パウロは、マリア様について何か言っていますか。

パウロとマリア様とが、二人で話をした可能性は大いにあります。パウロは何度もエルサレムを訪問しています。その時、マリア様と出会って、話をした可能性は大いにあります。ただ証拠がありません。パウロは二人の出会いについては何も書いていません。

パウロはマリア様について、一度だけ次のように書きました。「時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました」(ガラテヤ4・4)。このパウロの書き方は、マリア様に対する特別の思いを感じさせるものではありません。

おそらくパウロは、マリア様と出会っていても、イエス様の母であるということには、特別の関心を払わないようにしたと思われます。というのも、パウロは家柄だとか家系など、人間的なことに縛られないように注意していたからです。パウロは「わたしたちは、今後だれをも肉に従って[人間的に]知ろうとはしません。肉に従って[人間的に]キリストを知っていたとしても、今はもうそのように知ろうとはしません」(二コリント5・16)と言い切っているからです。

パウロの手紙の中に、イエス様の教えや奇跡など、イエス様の地上でのお姿が、ほとんど書かれていないのは、このためでしょう。こんなパウロでしたから、マリア様がイエス様の母であるという人間的な絆に、パウロが関心を払わなかったのは、ある意味当然でした。またこの当時、マリア様は「神の母」であるという信仰は、まだ生まれていませんでした。

パウロは回心によって、「新しい人」になるという体験をしました。これは何よりも内面的な体験でしたが、同時に、この体験によって、パウロはそれまで持っていた肉親との絆や同胞との絆を、すべて失ったと考えられます。「キリストのゆえに、わたしはすべてを失いました」(フィリピ3・8)という言葉が、そのことを暗示しています。

また、回心の体験は、パウロがそれまで大切にし、誇りにしていた人間的な絆を、相対化する「新しい視点」を、パウロに与えました。パウロが、イエス様の家柄や、人間的な側面に注意を払わないことも、母であるマリア様に、特別な関心を払わないことも、回心によってパウロに与えられた「新しい視点」とつながっていると言えます。

それにしても、パウロとマリア様は、どんなお話をなさったのでしょう。パウロがマリア様のことをもっと書き残してくれていたら、どんなにか素晴らしかったでしょうに!

●回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 一九一四年(大正三年)に細々と発足した聖パウロ会は、第一次世界大戦の荒波をもろにかぶった。出版使徒職…
  2. 平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。さて、誠に勝手ながら、サンパウロは以下の期間…
  3. 「聖書外典」はゴシップ記事のようなものでしょうか。『ヤコブ原福音書』や『トマスによるイエスの幼年物語…
  4. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  5. ずいぶん前にある司祭が叙階された時に「もし、私が『神父病』になったら、教えてくださいね」と私に言って…
PAGE TOP
Translate »