マリアとパウロについて

パウロはマリア様と出会ったことがあるのでしょうか。パウロは、マリア様について何か言っていますか。

パウロとマリア様とが、二人で話をした可能性は大いにあります。パウロは何度もエルサレムを訪問しています。その時、マリア様と出会って、話をした可能性は大いにあります。ただ証拠がありません。パウロは二人の出会いについては何も書いていません。

パウロはマリア様について、一度だけ次のように書きました。「時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました」(ガラテヤ4・4)。このパウロの書き方は、マリア様に対する特別の思いを感じさせるものではありません。

おそらくパウロは、マリア様と出会っていても、イエス様の母であるということには、特別の関心を払わないようにしたと思われます。というのも、パウロは家柄だとか家系など、人間的なことに縛られないように注意していたからです。パウロは「わたしたちは、今後だれをも肉に従って[人間的に]知ろうとはしません。肉に従って[人間的に]キリストを知っていたとしても、今はもうそのように知ろうとはしません」(二コリント5・16)と言い切っているからです。

パウロの手紙の中に、イエス様の教えや奇跡など、イエス様の地上でのお姿が、ほとんど書かれていないのは、このためでしょう。こんなパウロでしたから、マリア様がイエス様の母であるという人間的な絆に、パウロが関心を払わなかったのは、ある意味当然でした。またこの当時、マリア様は「神の母」であるという信仰は、まだ生まれていませんでした。

パウロは回心によって、「新しい人」になるという体験をしました。これは何よりも内面的な体験でしたが、同時に、この体験によって、パウロはそれまで持っていた肉親との絆や同胞との絆を、すべて失ったと考えられます。「キリストのゆえに、わたしはすべてを失いました」(フィリピ3・8)という言葉が、そのことを暗示しています。

また、回心の体験は、パウロがそれまで大切にし、誇りにしていた人間的な絆を、相対化する「新しい視点」を、パウロに与えました。パウロが、イエス様の家柄や、人間的な側面に注意を払わないことも、母であるマリア様に、特別な関心を払わないことも、回心によってパウロに与えられた「新しい視点」とつながっていると言えます。

それにしても、パウロとマリア様は、どんなお話をなさったのでしょう。パウロがマリア様のことをもっと書き残してくれていたら、どんなにか素晴らしかったでしょうに!

●回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  2. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  3. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  4. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
  5. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年7月27日から8月1日まで、ある修道会の年の黙想の指導を頼まれて、ベネディクト会(女子)の…
  2. 東日本大震災後79カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 新宿駅から中央線に乗って松本方面へ行くと、種々の光景に出会います。八王子駅あたりまでは建物が密集し、…
  4. あれから5年—。メディアは、どれほどの情報を人々に発信してきたか。時に人々は取材される側になり、微妙…
  5. 2017年4月8日、ブラジルのサンパウロにあるFAPCOM(パウルス・テクノロジーとコミュニケーショ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »