マリアとパウロについて

パウロはマリア様と出会ったことがあるのでしょうか。パウロは、マリア様について何か言っていますか。

パウロとマリア様とが、二人で話をした可能性は大いにあります。パウロは何度もエルサレムを訪問しています。その時、マリア様と出会って、話をした可能性は大いにあります。ただ証拠がありません。パウロは二人の出会いについては何も書いていません。

パウロはマリア様について、一度だけ次のように書きました。「時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました」(ガラテヤ4・4)。このパウロの書き方は、マリア様に対する特別の思いを感じさせるものではありません。

おそらくパウロは、マリア様と出会っていても、イエス様の母であるということには、特別の関心を払わないようにしたと思われます。というのも、パウロは家柄だとか家系など、人間的なことに縛られないように注意していたからです。パウロは「わたしたちは、今後だれをも肉に従って[人間的に]知ろうとはしません。肉に従って[人間的に]キリストを知っていたとしても、今はもうそのように知ろうとはしません」(二コリント5・16)と言い切っているからです。

パウロの手紙の中に、イエス様の教えや奇跡など、イエス様の地上でのお姿が、ほとんど書かれていないのは、このためでしょう。こんなパウロでしたから、マリア様がイエス様の母であるという人間的な絆に、パウロが関心を払わなかったのは、ある意味当然でした。またこの当時、マリア様は「神の母」であるという信仰は、まだ生まれていませんでした。

パウロは回心によって、「新しい人」になるという体験をしました。これは何よりも内面的な体験でしたが、同時に、この体験によって、パウロはそれまで持っていた肉親との絆や同胞との絆を、すべて失ったと考えられます。「キリストのゆえに、わたしはすべてを失いました」(フィリピ3・8)という言葉が、そのことを暗示しています。

また、回心の体験は、パウロがそれまで大切にし、誇りにしていた人間的な絆を、相対化する「新しい視点」を、パウロに与えました。パウロが、イエス様の家柄や、人間的な側面に注意を払わないことも、母であるマリア様に、特別な関心を払わないことも、回心によってパウロに与えられた「新しい視点」とつながっていると言えます。

それにしても、パウロとマリア様は、どんなお話をなさったのでしょう。パウロがマリア様のことをもっと書き残してくれていたら、どんなにか素晴らしかったでしょうに!

●回答者=鈴木信一神父

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 「一年の計は元旦にあり」ということわざがあります。これは、物事を始めるにあたっては、最初にしっかりと…
  2. 聖ビンセンチオ・ア・パウロ司祭の記念日は、彼の帰天の日にあたる9月27日です。聖ビンセンチオ…
  3. パウロの言う「義」がよくわかりません。「神の義」とか、「義とされる」の意味を、分かりやすく説明してく…
  4. 私たちは、これまでの歩みを振り返る時、自分にいろいろな意味で影響を与えた【恩師】がいるのではないでし…
  5. カトリック儀式書にのっとった結婚式の式次第を示し、それぞれの次第、式文に神父による説明を加え…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »