やっぱり餅が好き

とまにちわ!

あけましておめでとうございます。
今年も見つけてくれてありがとうございます!
どこか奥ゆかしい恥じらいみたいなものを感じます。

邪道と言われることの多い人生ですが、
今年も一緒にコツコツと、
低姿勢で災難をやりすごしながらがんばりましょう!?

さて、すっかりお正月は過ぎたものの、
修道院ではいまだに餅が止まらないんです。
餅って、煮ても、焼いても、からめても!!
もちろん、なにも付けずに食べたって、
おいしいですもんね。
おまけに餅は腹持ちがいいし!

ただ、朝に、昼に、夜に・・・と、
毎食のように餅を食べてる人たちがー!
それも、結構な人数!!
新たな扉を開けてしまったんじゃなかろうかと、
ちょっと心配になります(笑)。

そんな餅は、タッパーに入って置かれています。
手作り感がある丸餅なので、たぶん、いただき物だと思われます。

餅は、トースターでこんがり焼いて食べても、
おいしいですよね。
焦げ目があるかないかで、
大問題に発展することだってあります。

すると最近、おいしい焼き方(?)を教えてもらいました。

それは、まず、レンジで1分間くらい加熱します。
次に、トースターで1分間くらい焼きます。
こうすることによって、餅は芯まで柔らかく、
外はカラッとなるんだとか!
なによりも、時間がかからなくって、すぐ食べられるよ!!
って、どんだけ餅好きなんだ。

と言いつつ、そんな私も、餅が好きだ!
赤飯とかも好きなので、もしかしたら、
もち米が好きなのかもしれない。
そもそも、もっちりさえしていたら、いいのかもしんない。

ただ、すごい勢いで、餅をうれしそうに食べている
人たちが周囲にいると、逆に食べられない・・・。
この、ささやかな幸せを奪ってしまってはいけない、
と思う今日この頃なのです(笑)。

本記事について

最後までお読みいただきありがとうございます。本記事は「家庭の友」誌の過去記事を再掲載したものです。昔のことを懐かしみたいときにぜひ読んでいただきたい! そして、はじめて来た人には、まずこれを読んでほしい、というご挨拶代わりでもあります。楽しい気分になりたいとき、そうでない気分のときも、いつでもまた来てくださいね。
> 個人サイト:TomaP TwitterID:tomap_dayo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ちょうど今の時期は夜明けが遅く、日没が早くなり、光のありがたさを特に感じる時期です。冬至も間近で、寒…
  2. ペトロアンデレの兄弟で、使徒たちのリーダーでした。ヨハネ福音書によると洗礼者ヨハネの弟子で、共観…
  3. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  4. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  5. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 2017年4月4日、創立者ヤコブ・アルベリオーネ神父の生誕133年を記念して、ソウル(韓国)の聖パウ…
  2. 2017/6/29

    使徒聖パウロ
    私たち聖パウロ修道会の創立者アルベリオーネ神父は、2003年4月27日に列福されました。このアルベリ…
  3. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  4. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
  5. 7月5日は、聖パウロ律修聖職者会(バルナバ修道会)を創立した聖アントニオ・マリア・ザカリアを記念しま…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »