心に留める 神の母聖マリア(ルカ2・16~21)

私たちの生活の中で、具体的に活動する時もあれば、これからの活動のために話し合いの場を設けたり、あるいは心の中で思い巡らしたりする時があります。

今日のみことばにおいて、羊飼いたちとマリアの姿勢はとても対照的です。羊飼いたちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主が知らせてくださったその出来事を見て来よう」とか、「羊飼いたちは、このみどり子について自分たちに告げられたことを人々に知らせた」とあるように、誕生したイエスをこの目で見に行きたい気持ち、さらには自分たちに告げられたことを、一日でも早く多くの人々に知らせたいという熱い気持ちに満ち溢れ、羊飼いたちの積極的な活動が目に浮かんできます。それに対してマリアは「これらのことをことごとく心に留めて、思いめぐらしていた」とあるように、自分の中に起こった出来事について、多くの人々に知らせるどころか、自分の心の中に留めていき、沈黙を守ろうとします。羊飼いたちの態度とは正反対です。イエス誕生という大きな喜びをマリアはいただいたのに、沈黙を守るのは私たちの目にはとても不思議に感じます。

聖ベネディクト(480年~547年)の言葉の中に「祈りかつ働け」というのがあります。彼は数年間、洞窟の中で隠遁生活を送った後、イタリアのスビアコで修道院を設立しました。やがてモンテ・カッシーノへ移り、共同の修道生活を送る形態を築いていきます。修道生活の基本には、この「祈りかつ働け」が根付いています。祈りをベースにしながら、活動にいそしんでいく。現代でもこうした生活は受け継がれています。

羊飼いたちの行動には活動的なものがよく見えてきます。それに対してマリアの行動を見て行くと、活動だけでなく、「思いめぐらす」中に祈りのような、また観想的な姿勢を見い出すことができます。羊飼いたちのような具体的な活動も大事ですが、マリアのような観想的なものも、こういう機会に振り返ってみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 高山右近 模範となる指導者の姿キリシタン大名として、また茶人として神を愛し、人を愛し続けて信仰を…
  2. マタイによる福音書(20・1−16)「天の国は次のことに似ている。ある家の主人がぶどう園…
  3. 少し前に『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』という映画を観ました。これは、最愛の娘を誘拐され殺…
  4. とまにちわ!なぜかまたもしても、遠足の幹事に・・・。とはいっても、場を盛り上げるでもなく…
  5. 今日のみことばの背景は、ファリサイ派の人々や律法学者たちが、「この人(イエス)は罪人たちを受け入れて…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 絵と本文に写真満載!! 女子観想修道会のシスターたちの生活と祈り。世界的に蔓延する刹那主義や騒音…
  2. 私たちは、【光】をどのように感じているのでしょうか。朝、太陽が昇るとその光を感じることができます。暗…
  3. 金持ちとラザロの話を通して、どんなものに信頼を置くかを問いかけてくれます。金持ちのようにお金に信頼を…
  4. 明日、10月19日は福者ティモテオ・ジャッカルド神父の記念日です♪福者ティモテオ・ジャッカルド神…
  5. それぞれの聖人たちの祝日は、何をもとに何月何日と決められているのですか。また何の守護の聖人というのは…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »