心に留める 神の母聖マリア(ルカ2・16~21)

私たちの生活の中で、具体的に活動する時もあれば、これからの活動のために話し合いの場を設けたり、あるいは心の中で思い巡らしたりする時があります。

今日のみことばにおいて、羊飼いたちとマリアの姿勢はとても対照的です。羊飼いたちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主が知らせてくださったその出来事を見て来よう」とか、「羊飼いたちは、このみどり子について自分たちに告げられたことを人々に知らせた」とあるように、誕生したイエスをこの目で見に行きたい気持ち、さらには自分たちに告げられたことを、一日でも早く多くの人々に知らせたいという熱い気持ちに満ち溢れ、羊飼いたちの積極的な活動が目に浮かんできます。それに対してマリアは「これらのことをことごとく心に留めて、思いめぐらしていた」とあるように、自分の中に起こった出来事について、多くの人々に知らせるどころか、自分の心の中に留めていき、沈黙を守ろうとします。羊飼いたちの態度とは正反対です。イエス誕生という大きな喜びをマリアはいただいたのに、沈黙を守るのは私たちの目にはとても不思議に感じます。

聖ベネディクト(480年~547年)の言葉の中に「祈りかつ働け」というのがあります。彼は数年間、洞窟の中で隠遁生活を送った後、イタリアのスビアコで修道院を設立しました。やがてモンテ・カッシーノへ移り、共同の修道生活を送る形態を築いていきます。修道生活の基本には、この「祈りかつ働け」が根付いています。祈りをベースにしながら、活動にいそしんでいく。現代でもこうした生活は受け継がれています。

羊飼いたちの行動には活動的なものがよく見えてきます。それに対してマリアの行動を見て行くと、活動だけでなく、「思いめぐらす」中に祈りのような、また観想的な姿勢を見い出すことができます。羊飼いたちのような具体的な活動も大事ですが、マリアのような観想的なものも、こういう機会に振り返ってみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東京の中心に皇居があり、それを囲むように内堀、またそれを囲むように外堀があります。外堀と内堀の間には…
  2. パウロ家族合同(召命担当者)の「祈りの集い」が行われました。テーマは、『いただいた、恵みに気づくマイ…
  3. ケラスコのアルベリオーネ一家の住まいは、ごく貧しかった。古ぼけた石としっくいで築いた二階建てての百姓…
  4. 日本では(2017年は)7月25日と8月6日が土用の丑の日ですが、暑気払いにと思ってウナギを食べに行…
  5. 先月6月30日の聖パウロの祝日に、無事、終生誓願を宣立することができました。これも兄弟姉妹である聖パ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについ…
  2. 私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさ…
  3. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  4. 六年前の3月11日、東日本大震災が起こりました。私はその時、東京にいて会員と二階の部屋で面接をしてい…
  5. 【いまこそ、聖ヨハネ二十三世の平和の呼びかけに耳を傾ける】あの話題作「カロル─教皇になった男」に続…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »