家庭の友 2017年2月号

2017年2月7日(火)、ユスト高山右近が列福されることになりました。この列福のためには、70年以上の歳月を要しましたが、ユスト高山右近の列福がいよいよ実現いたします。今回の特集では、列福のために教皇庁列聖省との手続きで尽力なさった平林冬樹神父様(日本カトリック司教協議会 列聖推進委員会秘書/イエズス会司祭)、キリシタンの研究で造詣の深い五野井隆史氏(東京大学名誉教授)、大阪大司教区で行われる列福式のために尽力なさっている川邨裕明神父様(大阪教区)にそれぞれ執筆していただきました。
※発行は2017年1月10日前後を予定しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 愛の人、マザー・テレサ が今年の9月4日に列聖されることになりました。日本にも四度来日し、多く方々に…
  2. 「ビリギャル」という映画や小説があります。それは、小学校4年生ほどの学力の高校3年生の子が、偏差値を…
  3. 日本語で「主の祈り」を唱えると「天におられるわたしたちの父よ」で始まります。最初のことばが、「天にお…
  4. 中学生や高校生のころ、視力は裸眼で1.5くらいありました。眼鏡も不要で、とても快適でした。それが年齢…
  5. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全6回 午前10:…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »