家庭の友 2017年2月号

2017年2月7日(火)、ユスト高山右近が列福されることになりました。この列福のためには、70年以上の歳月を要しましたが、ユスト高山右近の列福がいよいよ実現いたします。今回の特集では、列福のために教皇庁列聖省との手続きで尽力なさった平林冬樹神父様(日本カトリック司教協議会 列聖推進委員会秘書/イエズス会司祭)、キリシタンの研究で造詣の深い五野井隆史氏(東京大学名誉教授)、大阪大司教区で行われる列福式のために尽力なさっている川邨裕明神父様(大阪教区)にそれぞれ執筆していただきました。
※発行は2017年1月10日前後を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
  2. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  3. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  4. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  5. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. ムンバイでのCAP-ESW研修会の2日目について報告します。午前中は、管区長・地区長がそれぞれの地方…
  2. ハンドペインティングによってリアルに仕上がったフィギュアは、クリスマスを祝うオブジェとして、また、お…
  3. 今日の復活節第2主日は、「神のいつくしみの主日」とも言われます。ヨハネ・パウロ二世が教皇であった時に…
  4. 「ある母親の一人息子が死んで運び出されるところであった。その母はやもめ」(ルカ7・12)ということば…
  5. 塩と光にはどんな意味が込められているのでしょうか。「塩」は調味や防腐に用いられ、人間の生活のために重…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »